初級者用文法教材

無料登録

文法文法教材 初級

文法教材 初級
Level
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

レッスン目安時間

62レッスン分(62ユニット)※1ユニット1レッスン分

  • "I am~"など中学校1年生で習う英語からじっくり学ぶことができます。
  • その日に勉強する文法の基本的な説明がついています。
  • 1ユニット1項目ですので、「この文法項目だけやりたい!」などピンポイントな復習も可能です。
  • 基本文型を理解するだけでなく、使いこなせるようになります。

この教材でできるようになること

  • 中学校1年生レベルからの英文法の学習ができます。
  • 英語で自分のことを説明したり、相手に質問する方法を学ぶことができます。
  • 単語ではなく、「文」で話せるようになります。

テキストPDF一覧

チャプター1:自分のことを話す、説明をする。

ユニットタイトル説明
1 私は~(名詞) I am / He is などを使って私は○○ですと言います。
2 私は~(形容詞) 「彼はハンサムだ」など形容詞を使う表現です。
3 私は~(場所)  「私は家にいます」など場所を使った表現です。
4 私は~(場所+時間) 「私は今○○にいます」など場所+時間の表現です。
5 これは~/それは~ This is a pen など、This / Thatを使った表現です。
6 これらは~/それらは~ 「これら」など複数の場合の表現です。

チャプター2:相手に質問をする

ユニットタイトル説明
7 それは~ですか?  疑問文の基礎を学びます。
8 あなたは~ですか?  人のことについて聞く疑問文を学びます。
9 ~は何ですか?  「これは何ですか?」など「何か」を聞く時の表現です。
10 ~は誰ですか? 「誰?」を聞く時の表現です。
11 ~はどこですか? 「どこ?」を聞く時の表現です。
12 ~はいつですか? 「いつ?」を聞く時の表現です。
13 誰を/と~ですか? 「誰のことを言っていますか?」などの表現です。
14 どれが~ですか? 「どちら」を聞く時の表現です。
15 誰の~ですか? 「誰のもの」を聞くときの表現です。
16 どのくらい/いくらですか? 「何冊?」など量を聞くときの表現です。
17 いくつ/いくら/どのくらいの距離? 「いくら?いくつ?」と聞くときの表現です。
18 どのくらいの時間/頻度? 「どのくらい(時間・頻度)」を聞くときの表現です。
19 それは~ですよね? 「~ですよね?」と聞くときの表現です。
20 私は~ですよね? 「~ですよね?」と聞くパターンの応用編です。

チャプター3:現在のこと・過去のこと・未来のことを話す

ユニットタイトル説明
21 私は~します 「私は学校へ行きます。」など現在の表現です。
22 彼/彼女は~します 「彼は~」など「3単元のS」を使った表現です。
23 彼/彼女は~しました 「~をしました」という過去の表現です。
24 私は~(不規則動詞)しました 「不規則動詞」を使った過去の表現です。
25 ~するつもりです 未来の事を言う時の表現を学びます。
26 ~することにしています be going to~を使って未来のことを表現します。

チャプター4:質問する・お願いする

ユニットタイトル説明
27 あなたは~しますか? 現在のことを質問します。
28 彼/彼女は~しますか? He / She を使って質問します。
29 あなたは~しましたか? 過去のことを質問する表現です。
30 何を~しますか? 「What do you~」という「何」を聞く表現です。
31 どうやって~しますか? 「How」を使って「どのように」を聞く表現です。
32 なぜ~しますか? 「Why」を使って「なぜ」を聞く表現です。
33 ~するつもりですか? Will you~と未来のことを聞く表現です。
34 ~してもらえますか? ~してもらえますか?とお願いする時の表現です。
35 ~しましょうか?/しませんか? ~しませんか?と誘うときの表現です。

チャプター5:希望を言う・できることを伝える

ユニットタイトル説明
36 ~したいです 「したい」と希望を言う時の表現です。
37 あなたに~してほしいです 人に対して希望を言う時の表現です。
38 ~したかったです 「したかった」など過去の希望を言う時の表現です。
39 ~できます(can) can を使って「できること」を伝えます。
40 ~してもいいですか? 許可を取るときの表現です。
41 ~できました 「できた」という過去の表現です
42 ~できます(be able to) be able toを使ってできることを伝えます。
43 ~した方がいい/すべき/でしょう 「~すべき」などの表現です。

チャプター6:進行形・完了形・受動態を使う

ユニットタイトル説明
44 ~したことがありますか? Have you~を使って経験を質問します。
45 ~しています 「~しています」と現在進行形を使って表現します。
46 ~していました 「していました」という過去進行形を学びます。
47 ~しているでしょう 未来の進行形を学びます。
48 ~したことがある 「したことがある」という完了形を学びます。
49 ~してしまっています 過去の完了形を学びます。
50 ~し終えているでしょう 未来の完了形を学びます。
51 ずっと~しています 現在完了進行形を学びます。
52 ずっと~していました 過去完了進行形を学びます。
53 ずっと~していることになります 未来完了進行形を学びます。
54 ~された(受動態) 「その本は彼女によって書かれました」など受け身の表現です。
55 ~する(能動態) 「彼女がその本を書きました」など能動の表現です。

チャプター7:比較・感嘆・命令を使う

ユニットタイトル説明
56 ~よりも多くの~ 比較をする表現を学びます。
57 (形容詞の比較級) 比較級・最上級を学びます。
58 (不規則形容詞の比較級) betterなどの形容詞を使った比較・最上級を学びます。
59 より~/最も~ More / Most を使って比較する方法です。
60 なんて~(形容詞+名詞)でしょう! 「なんて素敵なドレスなんでしょう!」という表現です。
61 なんて~(形容詞)でしょう! 「なんて素敵な少年なのでしょう!」と表現する方法です。
62 ~しなさい 命令をする表現を学びます。

お問い合わせ窓口

※Skypeが立ち上がらない場合は【live:rarejob.customer.support】をSkype上で検索してください

ページの先頭へ