レアジョブ英会話のサービス

RareJob Speaking Testレアジョブ・スピーキングテストpowered by PROGOS(自動採点版)

24時間オンラインで受験可能!
ビジネスコース、中学・高校生コース会員:毎月2回まで受験無料
日常英会話コース会員:毎月1回まで受験無料

現在、無料会員並びに、法人一括契約でご利用中の会員は受験対象外です。

現在、β版でのご提供です。

受験可能回数や料金は変更される可能性があります

毎月1日~月末までの間にコース毎の所定の回数分、受験チケットの取得が可能です。

レアジョブ・スピーキングテストpowered by PROGOS(自動採点版)の特長

Learner Friendly

徹底的に学習者の目線から見た、学習者のためのテスト

CEFRベース、6指標別で自分のビジネス英語スピーキング力の現状把握ができます。
また結果を基に、一気通貫した事後学習が可能です。

  • ビジネス英語
    スピーキング力に特化

    ビジネスシーンに則した設問で実践的スピーキング能力を測定する実用性の高いテスト内容

  • 世界標準CEFR採用

    CEFRを日本人向けに設計したCEFR-Jに基づく総合評価とCEFRに準拠した6つの項目評価で、世界標準の実力を表示

  • フィードバック重視

    スキル評価に留まらず、では何をどう学習すれがば良いかを提案することで受験者の学習進捗をサポート

  • 利便性

    試験時間は20分。ネットワーク環境さえあればいつでもどこでも受験可能。手続きも簡単で、結果返却も早いアプリ準備中

  • 手頃な価格

    スピーキング力向上の為の定期的なスキル測定を支援するため、充分な頻度での受験が可能な価格で提供

ご利用の流れ

スピーキングテストの受験には、スピーキングテストチケットの取得が必要です。
マイページ下部のレベルチェック画面からチケット獲得、受験、受験結果の確認が可能です。

  • チケット取得

    マイページ画面内で「スピーキングテストチケットの取得をこちらから」を押下すると、チケット付与画面に遷移します。こちらでチケット取得完了してください。

  • 受験

    受験は取得日を含む30日後の23:59:59まで可能です。

    受験時も有料会員である場合

  • 受験結果の確認

    個人会員向け自動採点版は、現在β版での提供のため、結果返却に数日かかる場合があります。

    結果反映まで時間がかかりますが、β版のため受験結果返却時間は保証できません

料金

ビジネスコース、中学・高校生コース会員:毎月2回まで受験無料
日常英会話コース会員:毎月1回まで受験無料

現在、無料会員並びに、法人一括契約でご利用中の会員は受験対象外です。

受験可能回数や料金は変更される可能性があります。

毎月1日~月末までの間にコース毎の所定の回数分、受験チケットの取得が可能です。

フィードバックシートについて

総合評価

CEFR準拠(CEFR-J) レベル、レアジョブレベルにて評価

指標別評価

CEFRが定義する6つの発話の質による評価項目に分けた評価

  • arrow_right_alt 該当CEFRレベルのCanDo定義
  • arrow_right_alt CEFRでの1レベルアップの為の一般的なフィードバック(次のCEFRレベルのCanDo定義)
  • arrow_right_alt ②を実現させる為の具体的な学習アドバイス
  • arrow_right_alt この項目別評価でレベルアップするためのおすすめレッスン教材

スコア換算表(スピーキングスキル指標「CEFR-J」に基づくレアジョブスピーキングレベルの設定)

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages):語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格。
スピーキングのCanDo(できること)リスト参照により、英会話学習成果を完全に「見える化」できる指標。
CEFR-Jは、CEFRをベースに、日本の英語教育に応用すべく開発されたもの。

CEFR-J (http://www.cefr-j.org) はヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)を日本 の英語教育に応用すべく投野由紀夫教授(東京外国語大学)を中心に開発された枠組みです。

CEFR レアジョブスピーキングテスト powered by PROGOS
(自動採点版)
できること
レアジョブ
レベル
総合評価
C2 9以上 B2 High and above
  • 異なるソースから聞いたり読んだりしたものを再構成して要約し、理路整然としたプレゼンテーションにまとめることができる。
  • どんな複雑な状況下でも一貫して言葉のニュアンスの違いなどに気を配りながら流暢に正確に自己表現ができる。
C1
  • 言葉や表現に悩まずに自身の考えを流暢によどみなく伝えることができる。
  • 複雑な話題に関して、社交的、専門的な会話のなかで正確なだけでなく柔軟かつ効果的に言葉を使うことができる。
B2 8 B2
  • ネイティブスピーカーと、ある程度流暢にストレスなく普通の会話をすることができる。
  • 仕事、学業、そして社会生活において柔軟に、効果的に言語を使いこなすことができる。
  • 複雑な話題でも明確に正しく構成された詳細な文章を作ることができる。
B1 7 B1 High
  • その言語が使われている国に旅行をして起こり得る事態にほぼ対応できる。
  • 自身が興味のある話題について、複数の文を組み合わせた文章を作ることができる。
  • 経験したことや出来事、夢、希望、野望について描写することができ、簡単に意見を述べたり、説明したり、計画を話すことができる。
6 B1
A2 5 A2 High
  • 慣れ親しんだ内容であれば単純で直接的なやりとりができる。
  • 自身について、また自身が置かれている環境や今すぐに必要な事項について簡単な表現を用いて描写することができる。
4 A2
A1 3 A1 High
  • よく使われる日常的な表現や言い回しは理解でき、使うことができる。
  • 自己紹介ができ、どこに住んでいるか、誰を知っているか、何をもっているかと言った個人的なことを聞き、こたえることができる。
  • 話す相手がゆっくりとはっきりと話し、助けてくれることを前提にして簡単なやりとりができる。
2※ A1
1
Pre-A1 該当なし Pre-A1

OverAllでA1が出た場合にはRJレベルは2と表示

よくあるご質問

  • レアジョブスピーキングテストpowered by PROGOSはどんなテストですか?
    英語を使ってビジネスシーンでコミュニケーションするために必要な「話す」能力を測定するテストです。オンラインでいつでもどこでも受験でき、約20分程度かけて、大きく5つのパートに分かれた設問に回答します。テスト結果は国際基準であるCEFRならびにCEFR-Jに準拠して総合評価と6つの技能別評価で表示されます。合わせて今後の効果的・効率的な英語学習につながる詳細な学習アドバイスが記されています。
  • PROGOSとはなんですか?
    プレゼンテーション、顧客・同僚との関係性構築、意見の提示・交渉・説明などのビジネスシーンを踏まえた、英語スピーキング能力を測定するシステムです。詳しくはこちらをご確認ください。
  • 繰り返し受験が推奨されていますが、どのくらいの頻度で受験すればよいですか?
    ご本人の学習状況/学習量によりますが、ある程度定期的な学習を実施されている方でしたら1か月に1度程度、スキルの定点観測としてご受験されることをお勧めいたします。
  • ビジネス特化のテストであるという理由は何ですか?
    設問がすべてビジネスシーンを想定した内容となっているからです。ビジネスで想定される様々なシーンや課題について質疑応答したり、説明をしていただく内容となっています。
  • スピーキングテストの問題構成を教えてください。
    Part1:インタビュー(10問)
    一問一答式で様々な質問に答えます。
    質問に的確に回答しているか、その回答の質全般を評価します。
    回答時間:各20秒

    Part2:音読(8問)
    文章が表示され、その文章を声に出して読みます。
    発音だけでなく、読み方から文章の理解度も評価します。
    回答時間:各10秒

    Part3:プレゼンテーション(1問)
    トピックを与えられ、それについて話します。「○○について触れて下さい」という条件が提示される為、それらを満たす必要があります。
    長めの説明をどのように行うか評価します。
    準備時間:40秒、回答時間:60秒

    Part4:グラフ・図を用いたプレゼンテーション(1問)
    テスト問題内のグラフや図を見ながら、それが示すものについて話します。
    事実をどのように提示するかを、実際のグラフ・図の説明を通して評価します。
    準備時間:40秒、回答時間:60秒

    Part5:ロールプレイ(4問)
    トピックを与えられ、そのトピックについて音声と会話を続けます。
    一方的な発話でなく、やりとりの発生する場での発話が評価されます。
    準備時間:40秒、回答時間:各応答につき30秒
  • view more

  • スピーキングテストを購入することはできますか?
    現在、指定のコースにのみ組み込まれておりますが、テストの購入が可能となった時点で申し込み方法とともに改めてお知らせいたします。
  • スマートフォンで受験できますか?
    現在、スマートフォンでの受験はできません。PCで指定された推奨環境で受験してください。
  • 受験に必要なPC機能と推奨環境を教えてください。
    マイク・スピーカー機能のあるパソコン(スマートフォン/タブレットには非対応)
    OS:Windows(Windows7以上を推奨)/Mac(MacOS X 10.12以上を推奨)
    ブラウザ:Google Chrome ・Mozilla Firefox ・Microsoft Edge ・Safari
  • 意図せず、受験途中でブラウザを閉じてしまった場合は、どうすればよいですか?
    テスト開始(マイクチェック後、問題が始まって)から1時間以内であれば、再開可能です。
    1時間を超えた場合、再開は不可となり、エラーが画面が表示されます。
  • 自宅や会社のパソコンから受験できますか?
    オンラインテストなので、インターネットにつながっているPCで、推奨環境であれば、いつでもどこでも受験が可能です。
    ※ただしテスト受験前の環境チェックテストでOKになる必要があります。
  • マイク付きのヘッドセットは必要ですか?
    マイク付きヘッドセットは、クリアに発話している音声が録音出来ますので、使用をおすすめします。
    マイクを内蔵しているPCであれば、マイク付きヘッドセットが無くても受験は可能です。
    ただ、PC内蔵マイクですと環境音も拾われてしまい、周囲に音がする場合、採点結果に影響する可能性があります。
  • テストで実力を発揮しやすくするには、どのような点に注意すればよいですか?
    総合的な言語運用能力を診断するテストですので、特に対策などは必要ありません。実力を発揮しやすくするには、事前に問題構成や時間を把握しておき、受験時には静かな環境で集中して聞きましょう。自信がなかったり間違えても、可能なかぎり制限時間内にたくさん回答しましょう。無音は採点されませんので、設問には何かしらの回答をしましょう。また、Yes, Noだけなどの短い回答でなく、なるべく文章で回答しましょう。
  • 自動採点はどのように採点するのですか?
    音声認識技術と自動採点AIの組み合わせによる弊社独自の手法により、採点します。
  • テスト結果はいつ返却されますか?
    個人会員向け自動採点版は、現在β版での提供のため、結果返却に数日かかる場合があります。
  • テスト結果に有効期限はありますか?
    フィードバックシートには特に有効期限を定めておりません。
  • どうやってテストを開始すればよいのでしょうか?
    ご利用の流れ」をご確認ください。
  • 答えられなかった問題に戻ることはできますか?
    テストは順番どおりに回答していただきます。前の問題に戻ることはできません。
  • 受験中にメモをとってもよいですか?
    受験中のメモは取っていただいて構いません。ただし試験問題のコピー、撮影、録画、録音、画面キャプチャー等の行為は固く禁じられています。
  • 受験日時を決める必要はありますか?
    オンライン受験なので特定の日時を決める必要がありません。ただし、チケット有効期限があるため、有効期限内にご受験ください。
  • CEFR基準で、どのレベルを目標にしたらよいでしょうか?
    英語でビジネスをするにはB2取得をめざしましょう。その前にまずビジネスでの意思疎通ができる基礎力としてB1取得を目指しましょう。
  • その他、採点について注意事項はありますか?
    以下の場合には、正しい採点ができない可能性があります。
    ・無音(無言)での回答
    ・英語以外での回答
    ・質問と関係のない回答
    ・その他、本テストの趣旨に反する回答
  • よくあるご質問を見ても、問題が解決しませんでした。
    レアジョブ会員サービスにご登録されているメールアドレスからprogos_speakingtest@rarejob.comまで、お問い合わせください。
    ※登録されているメールアドレスでないとお客様の登録状況が正しく把握できません。お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

PROGOSについての詳細はこちら
をご確認ください