「邪魔が入ってしまいスミマセン」を伝える英語フレーズ【トリリンガルエリカのSimple English Vol.21】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。エリカです。皆さん、オンライン英会話は楽しんでいますか?やってみたいけど、まだ重い腰が上がらなくて、、という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、このレッスン用フレーズ編では、レッスン中に講師とやりとりするときに使えるフレーズを紹介していきます。今回はレッスンの開始時間に間に合わなかったときに「邪魔が入ってしまいスミマセン」と伝えたいときに使えるフレーズなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。

  • 監修:エリカ
    レアジョブ英会話教材開発担当
    8年間大手英会話スクールで講師と教材開発を務めた後、RareJobにジョインし、現在はレアジョブ英会話の教材開発チームに所属。英語、日本語、スペイン語を話すトリリンガル。好きなものは京都などの渋め観光地、編み物。夫は日本人。

邪魔が入ってしまいスミマセンを説明するときの英語フレーズ

邪魔が入ってしまいすみません。

I’m sorry we got interrupted.

邪魔が入ってばかりですみません。

I’m sorry that our lesson keeps getting interrupted.

子供が邪魔をしてすみません。

I’m sorry that my kid interrupted our lesson.

子供が騒がしくてすみません。

I’m sorry that my kids are so loud.

I’m sorry if my children are noisy in the background.

周りが騒がしくてすみません。

I’m sorry that it’s so loud here.

まとめ

いかがでしたか?こういったフレーズはとっさに出てこないこともあるので覚えておくと便利ですよ。普段のビジネスのシーン、オンラインチャットや電話・テレビ会議などでも使えるフレーズになりますので、是非活用してみてくださいね。

英会話はじめられそうというひとは、オンライン会話(無料体験)も。ぜひお気軽にご利用ください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。