カンマや大文字はなぜ入る?英語圏での正しい名前の書き方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で名前を書く時、氏名の順序で戸惑ったことはないでしょうか。また、カンマがあったり、一部が大文字で書かれていたりと、英語圏の人の名前の表記を見て不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

実は名前の書き方には、いくつかのルールがあります。英語での名前の書き方に慣れていないと、海外旅行での入国時や、仕事など外国とやりとりする書類の記入などで困ってしまいますよね。今回は英語での名前の書き方について紹介していきます。

英語圏での名前の種類は?

日本語の名前表記は「名字」「名前」の2種類が主ですが、英語圏やスペイン語圏などではさらに「ミドルネーム」を持つ人もいます。以下で名前の要素についてを説明していきます。

名前

「名前」は人名のうち、個人を特定するもので出生時に与えられる名前を指します。
英語では「名前」を示す言葉として以下の呼び方があります。

First name

文字通り「最初に書く名前」に由来します。

Given name

「(個人に対して)与えられた名前」という意味で主にパスポートの表記などで用いられます。

Personal name

「個人の名前」を指します。
どれもその人の「名前」を指し示す言葉です。

名字

「名字」は人名のうち、家系や家族の名前を示すものです。日本では「苗字」「姓」に当たります。英語では以下の呼び方があります。

Last name

First nameと対比して「最後に書く名前」を示します。

Family name

「家族名」です。

Surname

直訳すると「上位の(上にある)名前」という意味です。一説によれば、封建時代に親子関係を明確にするために使われていた家名の名残と言われています。

ミドルネーム

ミドルネームは名字と個人名の間にある名前で全ての人が持つわけではありません。多くの場合、先祖の名前、母方の姓、自分の旧姓、親や本人が憧れている人の名前などをつけます。英語では、”midlle name”です。日本では、公的にミドルネームをつけることは原則認められていません。

英語での名前のスペルの書き方

英語で名前を書く時は、ヘボン式ローマ字での表記が基本です。以下で詳しく書き方について解説します。

ヘボン式ローマ字が基本

ローマ字にはヘボン式と、非ヘボン式とありますが、日本人が英語で名前を書く場合は、基本的にヘボン式ローマ字を使い、パスポートや市区町村に提出する公的書類には必ず使用します。特徴としては以下の例が挙げられます。

サ行・タ行の一部で3文字を使う(シを「shi」、チを「chi」、ツを「tsu」)
フは「hu」ではなく「fu」
後ろのア行を表記しない(例:佐藤は「Satou」や「Satoh」ではなく「Sato」)
b、m、pの前の「ン」はnではなくmを使う(例:本間は「Honma」ではなく「Homma」)

伸ばす音が入る時

「大野(おおの)」、「大沢(おおさわ)」、「ゆうか」など、伸ばす音はヘボン式でそれぞれ「Ono」「Osawa」「Yuka」と表記します。しかし、「大野」と「小野」は同じ「Ono」の表記になるため、区別がつきません。ヘボン式で記載しなくても構わない場合で伸ばす音を区別したい時は、母音を重ねて「Oono」としたり、長音記号を「O」の上に入れて「Ōno」としたり、あるいは「Ohno」のように「h」を入れて記載します。ヘボン式ではないため、時と場合によって使用できないので注意する必要があります。

基本的な英語の名前の書き方は「名 – 姓」順

英語で書く時、名-姓順で名前を書く人が多いと思いますが、詳しくその書き方について解説していきます。

「名 – 姓」順はどんな時に使う?

世界では英語で書く時、名-姓の順番で書くことが多く、迷った場合はその順番でよいと考えられます。使っているクレジットカードの記載が名-姓であれば、サイン欄も同じ順番が望ましいです。

日本では2020年1月から、パスポートなど政府の作成する公文書では、日本人の名前は姓-名の順で記載にすることが決まりました。これからは日本語名と同じく、英語も姓-名の順で書くことが増えると考えられます。

英語の名前「名 – 姓」順の書き方は?

英語では、それぞれ氏名の頭文字を大文字にして、ヘボン式ローマ字で名-姓順に書きます。

鈴木孝則(すずきたかのり):Takanori Suzuki

大野由紀(おおのゆき):Yuki Ono

よりはっきり名前と区別するために、名字を大文字で書く方法もあります。

Takanori SUZUKI

Yuki ONO

ミドルネームがある場合は名-ミドルネーム-姓で記載します。

Eden Stephen Widdowson(イーデン・スティーブン・ウィドーソン)

Glenda Paula Larner(グレンダ・ポーラ・ラーナー)

「姓 – 名」順の場合の英語の名前の書き方

姓-名順で名前を書く場合の書き方について解説します。

「姓 – 名」順はどんな時に使う?

学術論文などでは英語圏の人であっても、姓-名順で書かれることがあります。また、中国や韓国では、自国の言語での書き方と同じく英語でも姓-名表記が一般的です。例えば、元国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)はBan Ki-moon、中国の政治家の習近平(シー・ジンピン)はXi Jinpingと表記します。

前述のとおり、日本では2020年1月から、公文書での名前の書き方を姓-名順にすると発表されました。グローバル社会の進展に伴い、それぞれの文化の多様性を大事にしようということがひとつ理由としてあります。すぐに変わるわけではなくあくまでも順次ということですが、これからは姓-名順を使うことが増えそうです。

英語の名前「姓 – 名」順の書き方は?

姓-名順で書かれる場合、姓を先に表記していることを伝える目印がいくつかあります。英語圏からすると、日本人の名字と名前を区別することは難しいため以下を知っておくとよいでしょう。

まずは姓のあとにカンマを入れる方法です。学術論文誌などで見られ、以下のように表記します。

Suzuki, Takanori

Ono, Yuki

また姓を大文字で書いて区別する場合もあります。ちなみに名-姓順で書く時も、姓を大文字にしている場合があります。

SUZUKI Takanori

ONO Yuki

補足で以下のように説明するやり方もあります。

Suzuki, Takanori

This is a Japanese name; the family name is Suzuki.(これは日本語の名前で、名字が鈴木です)

イニシャルを交えて書く英語の名前の書き方

イニシャルを交えて書く場合の書き方について以下で解説をします。

イニシャルはどんな時に使う?

イニシャルはカジュアルな扱いで、自分の持ち物への印や贈り物に入れるサイン、ビジネス用ではない名刺などで使う人がいます。また、名前をわざわざ書きたくない場合などで用いることもできます。

例えば、『ハリー・ポッター』シリーズの作者であるJ.K. Rowling(ジェイ・ケー・ローリング)は、名前で男女の判別をされたくないということから、Joanne(ジョアン)という名前を「J」と表記したといわれます。

ちなみに、「K」はミドルネームで祖母のKathleen(キャスリーン)にちなんだものです。他には、学術論文に署名する際や、他の論文を引用した際もイニシャル表記がよく使われます。

イニシャルを交える時の書き方は?

イニシャルは原則、名-姓の順で書きます。この際、ピリオドは入れても入れなくても構いません。ただしピリオドを入れる場合は必ず終わりにも打ちます。ピリオドは打つか打たないかの2択です。

ピリオドあり

鈴木孝則(すずきたかのり):T.S.

大野由紀(おおのゆき):Y.O.

Glenda Paula Larner(グレンダ・ポーラ・ラーナー):G.P.L.

ピリオドなし

 

鈴木孝則(すずきたかのり):T S

大野由紀(おおのゆき):Y O

Glenda Paula Larner(グレンダ・ポーラ・ラーナー):G P L

また、名前のみ・名字のみをイニシャルで書くこともできます。

T. Suzuki

Takanori S.

論文では「姓→カンマ→名→ピリオド」という順で書かれることが多くあります。ミドルネームが入っている場合は、「姓→カンマ→名→ピリオド→ミドルネーム→ピリオド」となります。

Suzuki, T.

Larner, G.P.

まとめ

英語での名前の書き方は、英語圏では名-姓が広く使われています。日本でも明治維新の頃から欧米にならって名-姓表記をしていましたが、最近は姓-名順の書き方も広がっています。

海外旅行やビジネスの際に備えて、名前の書き方だけでなく英会話も一緒に勉強してみてはいかがでしょうか。レアジョブではオンラインでの英会話レッスンを実施していて、体験受講ができます。先生の名前表記も尋ねてみると、更なる学びにつながるかもしれません。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する