履歴書でのTOEICスコアの正しい書き方や注意点など徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行先などで外国人とコミュニケーションをとれるようになりたいと思い、英語に興味を持つ人は多いでしょう。国際化が進む中で、転職や就職に有利に働くように英語の勉強を始める方、資格取得を目指す人も少なくありません。

履歴書で英語力をアピールできる資格といえばTOEICが有名ですが、履歴書への正しい書き方や、どの程度のスコアがアピールにつながるのかをご存知でしょうか。ここでは、TOEICのスコアを履歴書に書く時のポイント、注意点について解説していきます。

TOEICとは?

TOEICとは、ビジネスの場での英語によるコミュニケーションスキルを測定するための試験で、このスコアを採用基準に取り入れている日本の企業は多くあります。一般的に知られているのは読み取りや聞き取りの能力を測る”TOEIC L&R”ですが、話す力や書く能力を試す”TOIEC S&W”など他にも種類があります。ここではTOEICの種類についてご紹介します。興味のあるものは自身の英語力を伸ばすきっかけとして挑戦するのもおすすめです。

TOEIC L&R

TOEIC L&Rとは、TOEIC Listening & Reading Testの略であり、ビジネスシーンでのコミュニケーションスキルを測るテストです。”TOEIC”と呼ばれる時はTOEIC L&Rを指すのが一般的で、この記事の中でもそのように扱います。マークシート方式でリスニング、リーディング共に100問ずつの合計200問、10~990点の5点刻みのスコアで評価されます。次で説明するTOEIC IPに対して、「公式テスト」と呼ばれており、履歴書でのアピールとして多くの人が使っているのはTOEIC L&Rのスコアです。

TOEIC IP

TOEIC IPのIPとはInstitutional Programの略であり、団体特別受験制度のことを意味します 。企業や大学などの団体が主催となって行うもので、公開テストとTOEIC IPは難易度が変わらないため、一般的にはスコアも同等に評価がされ履歴書でのアピールになります。ただし、IPの場合は顔写真入りの公式の証明書が発行されない代わりに、スコアレポートが発行されます。

TOEIC Bridge

英語初級者から中級者を対象とし、日常生活でよく使う英語力を測定するテストです。Bridgeには架け橋という意味があり、本格的にTOEIC L&Rを受験する前の準備的なテストとして捉えられています。問題はリスニング、リーディング50問ずつの計100問で構成されており、通常試験よりも問題数は少なく、半分です。TOEICを受ける前に自分の英語力を試してみたい人向けのテストなので、履歴書にスコアを記載しても評価にはあまりつながらないことがほとんどです。

TOEIC S&W

TOEIC S&WはTOEIC Speaking & Writing Testsの略で、スピーキング200点、ライティング200点の合計400点満点です。TOEIC S&Wは、スコアとともに、スピーキングで8段階、ライティングで9段階のレベル別評価が出ます。スピーキングに関しては、発音、イントネーション、アクセントでさらに細かく評価が出されるので、自分の長所、短所を把握するのに役立ちます。履歴書では、スピーキング、ライティング共に130点以上のスコアを書けるとアピールにつながります。

履歴書で英語力をアピールできるTOEICスコアは?

TOEICはどの程度のスコアを取得すれば有利になるのかわからない方も多いでしょう。以下で目安のスコアを解説します。

職種によって違う

まず、職種によって英語力の必要度合いは変わってきます。例えば、海外の担当者と直接取引をする機会がある職種は、高い英語力を求められますが、いっさい海外とのやりとりのない職場であれば英語力はほとんど問われないでしょう。入社希望の会社や職種でどれだけの英語力が必要とされているかを事前リサーチすることが大切です。

英語を使わない企業のスコア目安

英語を使わない企業でもTOEICのスコアが600点以上あれば、それなりの評価がされる場合があります。600点以上でなければ履歴書に書けないという決まりがあるわけではありませんが、基礎的な英語が理解できているレベルの目安が600点と言われることが多いのでアピールとなるのです。600点未満でも600点に近ければ、英語力を問わない企業であれば書いても差し支えない場合もありますが、あまりにも低いスコアであれば書かない方が良いでしょう。

英語を使う企業のスコア目安

英語を使う企業では、750~800点以上が目安だと言われていて、特に800点以上の英語力があれば、仕事でも生かせるレベルと一般的には考えられています。例えば、英語で書かれたインターネット記事から必要な情報を収集したり、職場での英語でなされる議論を理解できたりといったことです。英語を使う企業と言っても、求められる英語力は個々で異なりますので、目安のスコアは一様ではありません。企業によっては入社条件として、TOEICのスコアの目安を明示している場合もあるので、確認してみましょう。

履歴書へのTOEICスコアの正しい書き方とは?

TOEICのスコアを履歴書に書く際に、記載する欄や書き方など細かいポイントを以下で詳しく解説していきます。

適切な記載方法は?

一般的な履歴書には資格や免許の記入欄があり、取得年月と資格・免許の名称を書く欄が用意されています。名称は、公開テストの場合は、「TOEIC公開テスト」、IPテストの場合は「TOEIC IP」と書き、資格名のすぐ横に点数を記載します。TOEIC公開テストとはTOEIC L&Rのことを指すため、TOEIC S&Wのスコアを書く際は、「TOEIC S&W」と明記しましょう。TOEICL&Rと併せて資格欄に記載できれば、TOEIC L&Rでは測定できない「話す」「聞く」のスキルを証明できるため、大きなアピールになります。

TOEICスコアの有効期限は?

TOEICスコアには有効期限はなく、公式でもスコアの有効期限について言及していないので3年前でも5年前でも記載自体には問題ありません。しかし、古いスコアでは英語力を的確に評価しにくくなるため、直近2年以内に取得したスコアを書くのが無難です。というのは、TOEFLやIELTSなどの国際的な英語力を測るテストの有効期限が2年で、TOEIC公式認定証の再発行期限が2年以内だからです。

もちろん嘘のスコアはNG!

就職や転職で採用に有利になるように、スコアを水増しして嘘のスコアを書くことはやめましょう。内定時にスコアの認定証の提出を求められた場合、嘘がばれて最悪内定を取り消される可能性もあります。入社後にTOEIC試験の受験を義務づけている会社もあるので、背伸びしたスコアを履歴書に書いてしまうと、実際の点数との差が開きすぎて周囲の期待を裏切ることになるでしょう。

TOEIC受験前でも履歴書でアピールできる?

試験勉強中でまだスコアがない場合でも履歴書でアピールできます。記載箇所は、資格欄か備考欄です。資格欄の免許・資格の名称を書く欄に「TOEIC公開テストに向けて勉強中」と記載、もしくは備考欄に「来月のTOEIC公開テストで730点取得を目指しています」などと直近の目標や資格取得の予定を書きます。英語学習に対して前向きな姿勢をアピールできます。

履歴書に記入したいその他英語資格は?

英語力をアピールできる資格はTOEICだけではありません。履歴書に記載すると評価につながりやすい他の資格についてもご紹介します。

TOEFL

TOEFLとは、英語を母国語としない人を対象に、アカデミックな環境で必要となる語学力を測る試験で、アメリカやオーストラリアなど英語圏の大学や大学院の入学基準として広く用いられています。「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」の4技能で総合的な英語力が測られます。そのため、外資系企業や海外企業に就職・転職を希望する時は、TOEICよりもTOEFLのスコアが評価される場合があります。

Linguaskill Business

Linguaskill Businessは、ビジネスシーンでの実践的な英語能力を測るオンライン試験で、50か国の企業や団体で実施されています。TOEFLと同様に「スピーキング」「ライティング」「リーディング」「リスニング」の4つの技能を試されます。オンライン試験なので、最短で3営業日で試験結果を得られるのも特徴です。日本での認知度は低めですが、近年欧米では認知度が高く、履歴書に書くと有利に働く可能性が高いです。

IELTS

IELTSは、留学や研修、海外移住の際に英語力を証明するのに用いられることが多いテストです。「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」の4技能を試され、留学における英語能力の判定試験という点でTOEFLとは似ていますが、試験時間はこちらの方が短くペーパー形式です。日本における知名度はそれほど高くはありませんが、外資系企業への履歴書に書くと有利に働く場合があります。

まとめ

TOEICで履歴書にアピールできるほどのスコアを取得するには、それなりの勉強が必要です。また、TOEIC L&Rだけでは、話す力と書く力まではアピールできないため、総合的な英語力を測れるTOEFLなどの試験を重視する企業も増えてきています。話す力や書く力を証明できると、より高い英語力の評価につなげられるでしょう。特に話す力を伸ばしたいと考えている人は、オンラインの英会話レッスンがおすすめです。スマホやタブレットがあればどこでも受講できるので、忙しい社会人の方も続けやすいのが特徴です。レアジョブではオンライン英会話レッスンの無料体験を行っていますので、ぜひ気軽にお試しください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する