TOEIC満点は全問正解しなくてもいい?!満点を取る勉強方法を解説【参考書や単語帳の選び方も!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進学やビジネスに幅広く必要とされるTOEICテスト。「せっかく勉強するなら満点を目指したい!」という高い志を持った人も少なくないはず。とはいえ、そもそもTOEICの満点は何点なのか、どんな参考書や単語帳を使って勉強すればいいのかなど、わからないことが多いですよね。そこで今回は、TOEICの満点について解説します。

TOEICの満点は990点!難易度はどのくらい?

TOEICは1,000点満点とよく誤解されますが、実はTOEICの満点は990点です。そして、TOEIC満点の難易度はとても高いです。

TOEIC満点の取得者は、受験者の約0.3%と言われています。満点達成に必要な単語数は1万語以上であり、ネイティブレベルの読解とリスニングが求められます。また、ネイティブ並みの英語スキルに加えて、高い集中力も必要です。

TOEICの試験時間は、リスニングセクション45分+リーディングセクション75分の計120分。休憩を挟まずに高い集中力を維持することで、満点達成が狙えます。

こうしてみると、TOEIC満点は難易度こそ高いですが、挑戦する価値は十分にあると言えるでしょう。たとえ満点を取れなかったとしても、そのための学習は決して無駄にはなりませんし、高スコアと言われる700点や800点が達成できるかもしれません。

全問正解でなくても満点がとれる?!TOEICの採点方法は?

TOEICの問題構成は、リスニングセクション100問+リーディングセクション100問であり、1問当たりのスコアは5点です。そのため、一般的な試験と同様に正答数の足し算で考えれば、最低スコアは0点、最高スコアは1,000点になります。

それにもかかわらず、TOEICスコアの範囲が10~990点になっている理由は、統計処理が実施されているためです。

TOEICでは、実施回のたびに新たな問題が出題されます。難易度に差が出ないよう問題設計がされていますが、どうしても難易度を統一することは難しいもの。

そこで、試験による難易度の差をなくし、正確に英語力を測定するために統計処理を施す独自の採点システムが設けられています。そのため、全問正解していなくとも満点になることがあれば、全問正解しても満点にならないことがあるのです。

TOEICで満点をとるメリットは?何に役立つ?

TOEICで満点を取得することで、高い英語スキルの証明が可能となり、将来の可能性を広げることができます。

TOEICでの高スコアが大きなメリットになるのは、ビジネスシーンがメインです。

グローバル化が進んだことにより、現場レベルにまで高い英語スキルが求められる現代。多くの企業が、採用やキャリアアップの目安にTOEICを用い、海外赴任者選抜の基準にもしているほどです。

特に海外駐在や外資系企業への就職を目指す場合、満点に近いスコアを取得すれば大きく役に立つでしょう。

また、TOEICスコアが活用される場面はビジネスシーンに限りません。進学や留学、ボランティアなどにも使われます。

たとえば、推薦入試や英語試験免除などの基準に、TOEICスコアを活用している大学や大学院は多いです。留学先の大学選びでも、TOEICスコアを出願要件にしているところがあります。

このように、満点に近いスコアを取得することで、さまざまな選択肢が生まれるのが魅力と言えるでしょう。

TOEICで満点をとるための勉強法①:まずは基本的な土台構築から

TOEICで満点をとるためには、基礎的な英語力の構築と、TOEICならではの対策が必要です。

ここでは、TOEICで満点を取得するための土台となる、基礎的な英語力を身につける勉強法を紹介します。

英語は語彙力が命!辞書を引くより文章から推測して覚えて

語彙力は、リーディングからスピーキングまであらゆる英語スキルの土台となります。

知っている単語数が増えれば増えるほど、より多くの英語が読めるようになり、聞き取れるようにもなるのです。単語学習は意識的に取り組むようにし、毎日コツコツと続けることが重要だと言えます。

たとえば、時間のある休日に2時間の単語学習をしたとしましょう。しかし、2時間かけて覚えた単語の8割を、次の日には忘れているなんてことも多々あります。

単語学習は量よりも質が大切です。長時間ダラダラと単語帳を眺めるより、通勤時間や寝る前の15分ほどで集中して暗記学習をした方が効率的。なにより、毎日単語に目を通すことで、少しずつ記憶に定着します。

また、知らない単語に出会っても、すぐに辞書を引くことはおすすめできません。まずは前後の文脈から意味を推測してみてください。そうすることで定着がグっと良くなり、知らない単語を推測する力も伸ばせます。

単語帳は英→英で!10,000語の暗記を目安に

TOEIC600点ほどの英語力が身に着いたら、英英辞典を使うのがおすすめ。英英辞典を活用するメリットは、単語の細かなニュアンスまで調べられることです。

たとえば、Look atとWatchは「見る」を意味しますが、ニュアンスは異なります。Look atは「注意を向けて見る」というニュアンスなのに対し、Watchは「動いたり変化したりするものを見る」というニュアンスがあります。

英英辞典を使うことで、その単語のニュアンスや実際の使い方も覚えられるのです。

日本語から英語、もしくは英語から日本語で調べた場合、意味の確認だけで終わってしまいます。そのため、単語を使えるシーンに直面しても、応用が効かせられない可能性が高いです。

覚える単語数の目安ですが、一般的にTOEIC900点越えには約1万語必要と言われます。

1万語の暗記は大変な作業と思われがちですが、多くの人はすでに2~3千語の英単語を身につけており、実際に覚える必要があるのは数千語だけです。

たとえば、毎日100単語の暗記を3ヶ月続ければ、1万語達成は不可能ではありません。

ネイティブのスピードに合わせてシャドーイング。きついくらいがちょうどいい

シャドーイングとは、流れる英語音声を即座に復唱する学習法です。リスニングとスピーキングを中心とした英語の総合力アップが期待できます。

シャドーイングを行うことで、英語特有のリズムや音のつながりに耳が慣れ、ネイティブが話すスピードについていけるようになる学習法です。

また、シャドーイングで大切なことは教材選び。簡単にシャドーイングができる教材を選んでも、大きな効果は得られません。「ちょっときついかも」と思えるスピードの教材を選ぶことで、理解できる英語が増えます。

TOEIC600点と同等の英語レベルの方は、ネイティブが普通に話すスピードの教材を選ぶことがおすすめです。

英語に自信がない方は、まずは自分のレベルに合ったスピードの教材を選びましょう。その教材でシャドーイングを行えるようになったら、スピードを上げていきます。これを繰り返すことで、効率よく英語スキルを伸ばすことが可能に。

TOEICで満点をとるための勉強法②:各パートごとのポイント

TOEICで満点を取得するためには、英語の土台構築のほか、TOEICならではの対策も必要です。ここからは、リスニングパートとリーディングパートのポイントを、おすすめの参考書と共に紹介します。

リスニングは聞く前に問題文を読んでおくこと。聞き逃したら潔く捨てよう

リスニングセクションは、全4パートで構成されています。各パートの問題形式と特徴は下記の通りです。

セクション 問題形式 特徴

Part1
写真描写 1枚の写真についての説明文が4つ流され、最適なものを選びます。

Part2
応答 1つの質問または文章に対する3つの答えが流され、最適なものを選びます。

Part3
会話 2人または3人の会話を聞いたあと、設問に合った回答を選びます。

Part4
説明文 ミニトークを聞いたあと、設問に合った回答を選びます。

リスニングパートの最難関は、Part3とPart4です。

Part3とPart4を攻略するためには、問題音声が流れる前に質問文と選択肢に目を通す「先読み」のテクニックが必要に。

しかし、先読みをすることは簡単なものではありません。全ての質問と選択肢に目を通す前に、音声が流れ始めるという失敗はよくあります。

効率よく先読みを行うため、Part1とPart2の実施中にPart3以降の先読みをしましょう。Part1とPart2は聞き取る内容が短く、比較的難易度が低いです。

具体的には、下記の時間配分を意識してみましょう。

Part1:90秒のアナウンス中に6問の写真に目を通す
Part2:90秒のアナウンス中にPart3以降の先読み
Part3:50秒の説明アナウンスと設問間の8秒で先読み
Part4:50秒の説明アナウンスと設問間の8秒で先読み

Part1とPart2では素早く回答を選び、次の問題音声が流れるまでの間に、Part3以降の先読みをします。こうすることで、効率よく先読みを行うことができ、Part3とPart4の正答率アップが見込めるでしょう。

壁は長文読解!リーディングスピードを上げて時間配分を徹底しよう

リーディングセクションは、Part5からPart7の全3パートで構成されています。各パートの問題形式と特徴は下記のとおりです。

セクション 問題形式 特徴

Part5
短文穴埋め問題 4つの選択肢の中から、最適なものを選び文章を完成させます。

Part6
長文穴埋め問題 4つの選択肢の中から、最適なものを選び文章を完成させます。1つの長文に対し設問は4つです。

Part7
長文読解問題 長文と設問を読み、4つの選択肢の中から最適なものを選びます。

リーディングセクションでは時間配分が重要です。Part7の長文読解が54問/全100問もあるため、多くの時間を残して臨む必要があります。

おすすめの時間配分は下記の通りです。

Part5(文法):10分(1問あたり20秒)
Part6(長文穴埋め):10分(1問あたり約40秒)
Part7(長文読解):55分(1問当たり約70秒)

Part5では、文法や単語知識が問われます。20秒ほど考えても正解が分からなかった場合は、適当に回答を選び、テンポよくサクサクと解きましょう。

時間配分と同様に重要な対策が、リーディングスピードを上げることです。リーディングスピードを上げるためには、多くの英文を読むこと、そして単語力を伸ばすことに尽きます。

まずはスラスラと読める文章から始め、次第に単語レベルや文量を上げていくことがおすすめ。TOEIC満点を狙う方におすすめの単語帳は、「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」です。

「金のフレーズ」には、600点から990点達成までに必要なTOEIC頻出単語が網羅されています。メイン単語はもちろん、類疑語や対義語など記載されている全ての単語を覚えれば、リーディングセクションで苦労することはありません。

リーディングスピードを上げるなら、「TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2」がおすすめ。TOEIC満点を達成した講師陣が厳選した500問が収録されており、毎日のリーディング学習にぴったりの教材と言えます。

TOEICで満点をとるための勉強法③:過去問でどんどん実践

基本的な英語力を身につけたら、仕上げに過去問で実践することがおすすめです。過去問を解く際は、本番と同じように時間を計りながら行いましょう。

過去問選びで迷ったら、公式が出している問題集がおすすめです。

TOEIC公式問題集は、本番のテストと同じプロセスで作成され、リスニング音声も公式スピーカーによるものです。つまり、本番のテストと同じクオリティの模試が収録されているということ。

公式問題集を最新のものから2冊購入し、それぞれ3回ほど繰り返せば十分な対策が行えます。

さらに万全を期したいのなら、「TOEIC(R) L&Rテスト 究極の模試600問+」や「TOEIC(R)テスト BEYOND 990 超上級問題+プロの極意」がおすすめです。

特に「BEYOND 990」には、TOEIC満点を目指す方にふさわしい、難易度の高い問題が揃っています。

TOEICで満点を取るためのコツは?テクニックも大事!

TOEICで満点を狙うのなら、TOEICならではのテクニックも身につける必要があります。多々あるテクニックの中でも、特に重要なものが現状分析と時間配分です。

TOEIC対策では、得意分野よりも苦手分野を伸ばしたほうが、効率よくスコアアップができます。そのため、まずは自身の英語力の分析が必要です。本格的なTOEIC対策を開始する前に、公式問題集を解いて、客観的に英語スキルを把握しましょう。

現状分析ができたら、実戦形式で最新の公式問題集を何度も解くこと。必ず時間配分も前述したアドバイスのようにある程度決めておき、その時間内で解けるように訓練しておくことも重要です。

時間配分を決めて問題集を繰り返し解くことで本番に慣れれば、試験当日も焦ることなくスムーズに問題を解くことができるでしょう。

まとめ

TOEIC満点を取るためには、英語スキルを高めることはもちろん、時間配分や解く順番などのテクニックも必要。総合的にTOEIC対策をすれば、満点も不可能ではありません!

TOEIC対策で高い英語力を身につけたら、スピーキングなどのアウトプット学習に取り組むことがおすすめです。良質なアウトプットを繰り返すことで、スラスラと英語が話せるようになります。アウトプットの場所を探しているなら、PCやスマホで手軽に行えるオンライン英会話も検討してみてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する