英語学習にリピーティングを取り入れよう!メリットや方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リピーティングという言葉を聞いたことがありますか?数ある英語学習法のひとつです。聞いたことはあっても「シャドーウィングとの違いがよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

この記事ではシャドーウィングとの違いや、リピーティングの方法・メリットなどについて解説します。リピーティングは初級者でも無理なく実践でき、かつ英語学習上に大変効果がある学習法なので、まだ実践したことがない方はぜひ学習に取り入れてみてくださいね。

「リピーティング」英語学習法とは

リピーティングはその名の通り、「聞いたものを繰り返す」ことです。シャドーウィングも同じく聞いたものを繰り返しますが、大きな違いは次の通りです。

リピーティング:
音声を区切りのいい場所で停止、口頭で繰り返す

シャドーウィング:
聞いた音声を少しテンポをずらして口頭で繰り返す

シャドーウィングはおうむ返しのように聞いたものを少しタイミングをずらしてそのまま口にします。その際、意味が理解できているかよりも、とにかく耳で聞こえたものを真似することがポイントとなります。

一方、リピーティングは聞いたものをただ真似するだけではなく、記憶して口にする必要があり、集中力や記憶力も要求されるところが異なります。

リピーティング英語学習法の効果とは?

聞いてなんとなく内容を理解していても、記憶しながら口調や発音を真似て発話するのは意外と難しく、きちんと文の意味が理解できていないと記憶するのも困難です。

リピーティングは発音やイントネーションの改善、英文を記憶して実際の会話でも応用することに役立てる、といった直接英語に関係する効果以外に、記憶力・集中力の向上といった英語以外の面でも日常で役立つスキルを身につけることができます。

記憶力が上がる

リピーティングは聞いたものをその場で覚えて口に出さないといけないため、短期記憶力の向上という効果があります。また何度も同じ文章を繰り返して練習することで、単語やフレーズがしっかりと根付き、長い期間記憶することが可能となります。リピーティングによって培われた記憶力は、日常のほかの場面でも役立てることができるでしょう。

集中力の向上

文章を聞いて覚えるために集中することにより、自然と集中力を上げる訓練ができます。集中力は勉強や仕事の効率を上げるために非常に重要なスキル。英語を学びながら、さらに集中力もトレーニングできるのは大きなメリットです。

リスニング・スピーキング力の向上

聞き取る力の強化ができます。リスニング力強化には、ランダムにいろんなものを聞くよりも何度も同じものを聞いて英語のリズムに慣れることが近道です。トランスクリプトを見ないでリピーティングすれば、リスニング力の向上が期待できます。また、自然と文章を覚えるために実際の英会話で活用できます。覚えた文章の一部を入れ替えて応用し、英会話に役立てましょう。

英語の音やリズムに慣れる

文章を聞くだけではなく発話もすることにより、英語特有の音やリズムに自然と馴染むことができます。耳で聞いてわかったつもりでいても、実際口に出してみるときちんと聞き取れていないことがありますよね。どういう音が聞き取りづらいのか、あるいは発音しづらいのかを確認できるので、集中的に学習すべきポイントの理解に役立ちます。

リピーティング英語学習法の手順

では実際にリピーティングをしてみましょう。リピーティングの方法や手順は次の通りになります。まとまった時間が取れなくても、細切れに時間に少しずつ練習してください。学習時間がたとえ10分だけだったとしても、集中するため疲れるので、慣れるまでは欲張らず、徐々に学習時間やリピーティングする文章を長くしていくようにしましょう。

リピーティング教材を選択

リピーティングの教材はあとできちんと覚えていられたか、聞き取れていたかを確認できるよう、トランスクリプトあるものを選びます。TOEICやラジオ英会話・市販の会話集などCDがついている英語教材がおすすめです。

慣れてきたら映画やニュースにも挑戦してみましょう。はっきり話されるスピーチもいいですね。英語字幕があるはずです。ドラマは難易度が高いですが、ドラマの一部を編集して英語教材になっていることもあります。YouTubeやアプリで探してみてくださいね。

短い文章をリピートする

最初は5−6語の短い文章で練習してください。リピーティングをするときは、イントネーションや発音を真似することもポイントです。

英語字幕なしでまず一回リピーティングします。もし聞き取れない部分がありリピーティングが難しい場合は、何度か聴きます。そしてリピーティングをしたら、今度は教材や英語字幕を目で確認し、最後にもう一度同じ文章をリピーティングしましょう。

このように一度リピーティングを行なった後に目で確認することで、文章をその場だけの記憶ではなく長期間記憶することが可能となります。

慣れてきたら長めの文章を

短い文章のリピーティングに慣れてきたら、徐々に練習する文章を長くします。記憶できるギリギリの長さが基準となりますが、記憶力や集中力が強化されてくると、この限界値がさらに伸びていきます。

またリピーティングの長さや文章の難易度を記録しておくと、学習効果が確認でき、モチベーションの向上に役立ちます。

録音して聴き比べると効果倍増

リピーティングがきちんとできているかの確認に、自分の声を録音して元の音声と聴き比べてみましょう。自分できちんと発音できているつもりでも、実際はできていないことがあります。録音して自分の声を確認することで客観的に苦手な部分を知ることができ、学習効果がさらに上がります。

まとめ

英会話上達の一番てっとり早い方法は、短い文章を数多く覚えて実際の会話で文章の一部を入れ替えて話すことです。一文が短くてもいくつかを組み合わせれば長くなります。ネイティブが話す内容も、単に関係詞で結ばれた短い文の集まりなのです。リピーティングは文を記憶するというインプットとともに、声に出すことによりアウトプットの練習にもなります。

リピーティングは練習すれば必ずできるようになります。耳で聞いて記憶して声に出すという作業は、一見簡単そうでも意外と困難で、最初は挫折しそうになるかもしれません。学習効果は必ずあるので、諦めずコツコツ続けていきましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する