「1億円」って英語で言える?大きな数を表す英語表現をマスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの家は1億円らしい」なんて英語で言いたいとき、「billionは10億、millionは100万、では1億は?」なんて、悩んでしまったりしませんか?英語と日本語では数字の位取りが異なるので、頭の中でその都度換算しなければなりません。

日本語の大きな数字を英語に直すためのコツを身につけて、「10万」「1千万」「1億」といった数字も、サラっと英語で言えるようになりましょう。

「万」を英語で言ってみよう

「十」がten、「百」がone hundred、「千」がone thousandと、ここまではいいのですが、「万」と聞いた瞬間に「あれ?」となってしまう人は多いのではないでしょうか。初級から中級の人にとって難関となる、「万」を使った言い方を見ていきましょう。

「1万」は10×thousand=ten thousand

「1万」は「10×千」と考え、ten thousandとします。「2万」はtwenty thousand、「3万」はthirty thousand。

「10万」は100×thousand=one hundred thousand

「10万」は「100×千」と考え、hundred thousandとします。「20万」はtwenty thousand、「30万」はthirty thousand。

「100万」はone million

millionは「百万」なので、「100万」はそのままone millionと言えます。

「1,000万」は10×million=ten million

「1,000万」は「10×百万」と考え、ten millionとします。「2,000万」はtwenty million、「3,000万」はthirty million。

「億」「兆」「京」を英語で言ってみよう

「1,000万」の上は「1億」となりますが、英語には「億」を表す単語がないので、まだmillionを使うことになります。「億」以上の言い方を表す表現を見ていきましょう。

「1億」は100×million=one hundred million

「1億」は「100×百万」と考え、one hundred millionとします。「2億」はtwo hundred million、「3億」はthree hundred million。

「10億」はone billion

billionは「十億」なので、「10億」はそのままone billionと言えます。

「100億」は10×billion=ten billion

「100億」は「10×十億」と考え、ten billionとします。「200億」はtwenty billion、「300億」はthirty billion。

「1,000億」は100×billion=one hundred billion

「1,000億」は「100×十億」と考え、one hundred billionとします。「2,000億」はtwo hundred billion、「3,000億」はthree hundred billion。

「1兆」はone trillion

trillionは「1兆」に相当し、one trillionと言えます。

日本語には「京」、英語にはquadrillionがある

あまり見たことがないかもしれませんが、「兆」の上には「京(けい)」、trillionの上にはquadrillionがあり、例えば「1京」は「ten quadrillion」となります。

英語の大きな数字を応用しよう

tens of thousandsという言い方を聞いたことがあるでしょうか。「10がいくつもあって、thousandsも複数?」と悩んでしまいますよね。hundred、thousand、million、billionをさまざまな場面で使いこなす方法をご紹介します。

thousandそれともthousands?

ten thousandsとsをつけると「10万がいくつかある」ことになってしまい、普通sはつけません。「数千」のように言いたいときに、sを付けます。

several hundreds(数百)
several thousands(数千)
several millions(数百万)
several billions(数十億)

tens of thousandsはいくつ?

tens of ~には「数十の~」という意味があり、tens of thousandsで「数十個ある千」、つまり日本語で「数万」となります。

tens of thousands(数万=数十個ある千)
hundreds of thousands(数十万=数百個ある千)
tens of millions(数千万=数十個ある百万)
hundreds of millions(数億=数百個ある百万)

「億万長者」を英語で言うと?

「百万長者」はmillionaire(ミリオネア)ですが、「億万長者」の場合は「10億万長者」と考え、billionaire(ビリオネア)とします。日本語で最近「百万長者」より「億万長者」がよく使われるように、英語でもmillion(百万)だと少ないと思うのか、「大富豪」を表すにはbillionaireがよく使われます。

大きな数字で会話してみよう

「億とか兆とか、縁がない」と思うかもしれませんが、国の人口や面積を表す数字は、英語の会話でも登場します。次のようなことを言えるようになっておきましょう。

The population of Japan is 126 million and 300 thousand.(日本の人口は1億2,630万人です)

The land area of Japan is 378 thousand square kilometers.(日本の面積は37万8,000平方キロメートルです)

The national budget of Japan is 106 trillion, 607 billion and 900 million yen.(日本の国家予算は106兆6,079億円です)

オンライン英会話レアジョブのレッスンでは、先生とお互いの国について話す機会もあります。The population of Philippines is about 108 million.と言われて、どれくらいの数かすぐにわかりますか?108 millionは「108×百万」で、「1億800万」。こうわかれば、It’s close to Japan.(日本に近いですね)といったように、すぐに返事をすることができますね。

millionやbillionといった数字を使いこなすには、慣れが肝心。生のレッスンの中で使ってみて、感覚的に理解できるようになりましょう。

まとめ

理屈の上で「1億=100×million」とわかっても、頭の中でとっさに計算するのは至難の業。そこで、「ten thousand(1万)はホテル代くらい」「one hundred thousand(10万)はパソコンの値段くらい」「one hundred million(1億)は立派な家の値段くらい」と、自分の中で英語の数字に「イメージ」を作ってみてください。そうすると、「one hundred thousandはちょっと高いなあ」と、瞬間的に反応できるようになります。いつも日本語に直して考えようとするのではなく、ぜひ、英語のまま理解するコツを身につけてください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する