スピーキングテスト利用規約

無料登録

スピーキングテスト利用規約

株式会社レアジョブ(以下、「甲」という)は、甲が運営する「レアジョブ英会話」上で提供するオンライン英会話サービス(以下、「英会話サービス」という)に付随して、レアジョブ・スピーキングテスト(以下、「スピーキングテスト」といい第1条で定義)の利用の希望者および利用者(以下、「乙」という)がスピーキングテストを利用することに関して以下の利用規約(以下、「当利用規約」という)を定めます。

乙は、当利用規約および甲が別途定める英会話サービス利用規約、プライバシーポリシー(以下、「プライバシーポリシー」という)を熟読しなければなりません。なお、甲は、乙がスピーキングテストの購入申し込みを行った時点をもって当利用規約のすべての条項に同意したものとみなします。

テスト利用規約

第1条

1項
スピーキングテストとは、甲が定める方法にて行う甲独自の英語レベル判定テストのことをいい、英会話サービス利用規約に定めるアカウント削除を行わない限り購入および利用できるものとします。
2項
当利用規約は、甲のウェブページ(以下、「当ウェブ」という)に加え、甲が提供するアプリケーションおよび電子メール等を介して甲が乙に対して発信する情報も含みます。
3項
当利用規約は英会話サービス利用規約に付随するものであり、スピーキングテストについて英会話サービス利用規約を補完するものとします。

スピーキングテストの申込

第2条

1項
乙は、甲が定める手段にてスピーキングテストへの登録申し込みを行うものとします。なお、乙は、スピーキングテストの申込にあたり、下記の事項を確認し、同意しなければなりません。
  1. 通信環境がスピーキングテストの利用に支障がないことを確認すること。
  2. 乙が未成年の場合、親権者等法定代理人の同意を得ること。
  3. スピーキングテストを提供する試験官の中には、甲の正社員・パート・アルバイトだけではなく、Independent Contractorも含まれていること。
  4. 乙に対してスピーキングテストに関する電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施することができること。
  5. スピーキングテストの採点およびサービス向上等のため、乙のテスト内容、問い合わせ内容等を記録、録音、保管することができること。
2項
乙が、英会話サービスの登録に使用したメールアドレス、パスワード等ログインまたはスピーキングテストの利用に必要な情報(以下、「パスワード等」という)は、スピーキングテストにおいて共通で利用できるものとします。
3項
乙が下記に定める事由に該当する場合、甲は、当該申込を拒否することができ、また、申込がすでに完了した場合でも、当該登録を取消すことができます。
  1. 実在しない場合。
  2. 複数の登録を行おうとした場合または行った場合。
  3. 登録の際、虚偽、誤記または記入漏れをした場合。
  4. 過去に甲により登録を取り消されている場合。
  5. 乙が指定した銀行口座、クレジットカードまたはその他決済サービスが存在しないまたは利用停止中である場合。
  6. 乙が過去に代金の支払いを怠っていた場合。
  7. 乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の何れかであり、登録の際に保護者、法定後見人等の同意を得ていない場合。
  8. その他、スピーキングテストの利用者として不適当であると甲が判断する場合。
  9. 英会話サービス利用規約に違反した場合。
4項
パスワード等は、乙が厳重に管理しなければなりません。甲は、ログイン時に入力されたパスワード等と登録されたものとの一致をもってスピーキングテストの利用が乙本人によるものであるとみなすことができます。
5項
乙は、パスワード等を第三者に使用させてはなりません。また、第三者への譲渡、貸与等も行ってはなりません。
6項
乙は、パスワード等を失念した場合または第三者に不正に使用されている疑いがある場合、甲に対して、速やかに連絡を行い、指示等に従わなければなりません。なお、乙は、同連絡等を遅滞したことにより生じるすべての損害等を賠償する義務を負うものとします。

禁止行為

第3条

1項
乙は、スピーキングテストの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。
  1. 辞書や翻訳サイトの利用。
  2. 参考書等の参照。
  3. 他人になりすましての受験。
  4. 他人へアドバイスを求めること。
  5. 録音等、記録すること。
  6. 利用後、試験問題を漏えい(インターネットへの掲載等)すること。
  7. その他、甲が不適当と判断する行為。
2項
乙は、前項に違反する行為に起因して甲または第三者に損害が生じた場合、スピーキングテスト受験後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も甲を免責するものとします。

罰則規定

第4条

1項
甲は、乙が下記のいずれかに該当した場合、乙に対して、スピーキングテストの利用の一時停止または登録の取消の処分を行うことができます。
  1. 乙が第3条に定める禁止行為を行った場合。
  2. 乙が当利用規約の各規定に違反した場合。
  3. 乙が利用料金の支払を遅滞または怠った場合。
  4. 乙がスピーキングテストの利用に際し、甲からの重大な指示等に従わなかった場合。
  5. その他の事由で甲が乙によるスピーキングテストの利用を不適切と判断した場合。
2項
乙が前項に基づき甲から処分を受けた場合、甲は、乙に対して、乙がすでに支払った利用料金の返金を一切行わないものとします。

電子メールによる通知

第5条

1項
甲は、スピーキングテストに関する重要な情報を送信する場合、乙が甲からの電子メールでの通知等の受信をすべて拒否する設定をした場合でも、電子メールの送信ができるものとします。
2項
電子メールによって行われる通知は、乙の英会話サービス登録情報に記載された電子メールアドレス(以下、「指定メールアドレス」という)宛への発信をもって完了したものとみなします。
3項
乙は、指定メールアドレスに関する各種設定等を変更し、甲(ドメイン名:rarejob.com)からの電子メールの受信を許可しなければなりません。
4項
甲は、指定メールアドレスに不備、誤記があったことまたは乙が受信設定の変更を怠ったことに起因して甲からの電子メールが乙の元に届かなかった場合、同不到達に対して、一切責任を負わないものとします。なお、乙は、同不到達に起因して生じるすべての損害等を賠償する義務を負うものとし、いかなる場合も甲を免責するものとします。

スピーキングテストの利用

第6条

乙は、スピーキングテストの利用にあたり、下記の事項を確認し、同意しなければなりません。なお、乙は、当利用規約第2条1項に定めるスピーキングテストの申込後、甲の電子メールによる承諾の通知をもってスピーキングテストを利用することができるものとします。

  1. 甲が推奨するバージョンのSkypeTMをインストールすること。
  2. 乙が登録したSkype名をスピーキングテスト提供の目的でスピーキングテストの予約ページ等に掲載すること。
  3. スピーキングテストの採点等のため、乙のレッスン内容等必要な情報を記録することができること。
  4. 英会話サービスの有料会員であること。
  5. 英会話サービスのレッスン(無料レッスン含む)を2回受講していること。

スピーキングテスト

第7条

1項
スピーキングテストは、1回を30分以内とします。なお、スピーキングテストの時間は、特段の定めがない限りいかなる場合も中断されないものとします。
2項
乙は、スピーキングテストの試験官を選ぶことができないものとします。
3項
スピーキングテストは甲独自の判定基準に基づいて採点を行います。英語能力検定試験、TOEIC等の目安スコアをテスト結果に表示しますが、当該スコアを保証するものではありません。
4項
甲は、スピーキングテストの結果について、完全性や正確性等のいかなる表明・保証も行いません。
5項
甲はスピーキングテストの採点後、当該スピーキングテストの結果を、受験後15営業日以内にスピーキングテストの専用サイトにて通知するものとします。当該スピーキングテスト専用サイトについては、乙のスピーキングテスト申込後、甲から乙に対して電子メールにて通知するものとします。
6項
甲は、スピーキングテストの結果および内容について、いかなる問合せにも応じないものとします。

スピーキングテストの予約

第8条

1項
乙は、スピーキングテストの申込及び購入日から37日間、スピーキングテストの予約を行えるものとします。37日間を経過した場合、再受験および返金は行いません。
2項
乙は、前項の予約を、予約日から翌日以降の日程で申込むことができるものとします。ただし、翌日に受験したい場合は、前日の22時までに予約を行うものとします。
3項
前2項の予約は、当ウェブ上の乙の予約状況に、当該予約が反映された時点で成立するものとします。
4項
乙の事由によるスピーキングテストのキャンセルは、予約日の3日前まで行うことができるものとします。なお、乙は本条第1項に定められた期間内で、再度予約することができるものとします。
5項
甲は、本条第1項の予約について、やむを得ない事由によりスピーキングテストの実施ができない場合、乙の受験日程を変更することができるものとします。
6項
乙がスピーキングテストの開始時刻の経過後、甲または当該スピーキングテストを担当する試験官からの問いかけに応答しない場合、甲は、乙がスピーキングテストを欠席したものとみなし、当該スピーキングテストを終了することができるものとします。なお、乙の事由により欠席されたスピーキングテストは再受験できないものとし、返金も行わないものとします。

利用料金・利用料金の支払方法

第9条

1項
乙は、甲に対して、スピーキングテストの利用料金をクレジットカードまたはその他の決済サービスにて支払わなければなりません。ただし、当利用規約第13条に定める法人会員のうち、以下の方法以外の支払方法を別途定めた場合は、この限りではありません。
2項
甲は、前項の支払いについては、英会話サービスとは別途請求するものとします。
3項
甲は、当利用規約に定めがある場合を除いて、乙が申込んだスピーキングテストの返金は行わないものとします。

スピーキングテストの中断・終了

第10条

1項
甲は、事前に当ウェブ上での掲示または乙への電子メールの送信により通知をすることでスピーキングテストを中断または終了できるものとします。また、Skype及びアプリケーションの障害、国内外の政治情勢・自然災害等、提供するサーバー等の障害またはその他やむを得ない事由によりスピーキングテストの提供が困難な場合、予告なしにスピーキングテストを中断することができるものとします。
2項
甲は、フィリピン共和国の祝祭日(ホーリーウィーク、クリスマス等)を理由としたスピーキングテストの提供中止、結果の遅延を、事前 に当ウェブまたは電子メールでの連絡をもって行うものとします。乙は、フィリピン共和国の祝祭日にスピーキングテストを利用できない、もしくは結果が遅延する可能性があることに予め同意するものとします。

スピーキングテストの日時表示

第11条

スピーキングテストにおいて、利用開始日、利用月の開始日、各種料金支払の期日、各種申請等の締切日等の日時は、全て日本時間(GMT+9:00)によるものとします。

当利用規約の変更

第12条

甲は、乙に対して何ら通知を行うことなく当利用規約を変更することができるものとします。変更後の利用規約は、当ウェブ上に掲載された時点、または、甲が提供するアプリケーションおよび電子メールを介して甲が乙に対して情報を発信した時点で効力を生じるものとし、乙は、同変更方法に予め同意するものとします。

法人会員に関する特約

第13条

1項
「法人会員」とは、乙のうち、乙の所属する団体を通して、スピーキングテストを利用する者のことをいいます。
2項
乙は離職等により法人会員でなくなったときは、オンライン英会話利用規約第20条に定めるアカウント削除を行わない限り、引き続き、スピーキングテストを申込めるものとします。ただし、甲が法人会員に対して、別途サービス及び特典等を付与していた場合、乙は当該サービス及び特典等は利用できなくなるものとします。

付則 当利用規約は2015年4月1日より実施いたします。
付則 当利用規約は2016年3月4日に改訂しました。
付則 当利用規約は2016年5月10日に改訂しました。
付則 当利用規約は2016年10月3日に改訂しました。
付則 当利用規約は2018年3月14日に改訂しました。

お問い合わせ窓口

※Skypeが立ち上がらない場合は【live:rarejob.customer.support】をSkype上で検索してください

ページの先頭へ