レアジョブ英会話

オンライン英会話No.1 レアジョブ英会話

お問い合わせ/資料請求

オンライン英会話レアジョブが関西圏企業の人事研修ご担当者様に選ばれる理由

オンライン英会話No.1「レアジョブ英会話」に関するお問合せ

詳しい資料のご請求はこちら

レアジョブ英会話に関するご質問・疑問にもお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

グローバル化する関西経済圏

訪日外国人客が勢いよく増加する関西。今、大阪を中心に外国人宿泊者数が大都市圏の平均を大きく凌駕する状態で伸⾧し、また、関西国際空港がLCCの窓口となっていることが後押しとなり、入国者推移は過去5年間で約4倍にまで成⾧するなど、インバウンド需要は関西経済を牽引する大きなプラス要因の一つになっています。
企業の業績動向という点でも世界経済の持ち直しを背景に輸出が回復しており、製造業が多い関西では生産量増加という追い風になり、堅調に上向きに推移しています。
こうしてグローバル化が進むなかで、対応が急がれるのが「個人の英会話力向上」「グローバル人材の育成」です。関西経済圏が直面している状況と企業に求められる今後の必要な対応策について、三井物産関西支社⾧の北川氏にお伺いしました。

Kansai Economy

Message from Shinsuke Kitagawa

 近年、関西経済は大きな変革の時期にあります。
 現在訪日インバウンド需要が好調ですが、今後さらに大阪万博・統合型リゾート誘致・リニア新幹線など新たな観光都市開発が進みつつあります。
 企業のグローバル化も待ったなしの状態。関西経済圏を牽引してきた製造業も、これまで圏内のニーズでビジネスが成り立った時代が長く続きましたがそれも終わりつつあり、今後は海外との積極的な取引が企業の生き残りに直結していくことになります。

 関西はこれまで自給自足型の商圏で成り立ってきた企業が多く、このため『社員の英語力』が企業の大きな経営課題となっています。 経営幹部だけでなく、社員一人一人にまで浸透させていかないと、企業の業績拡大・存続に向けた本質的な解決にはなりません。 また英語をしっかりと身に着けることで自信につながり、社員が新しいチャレンジに身を投じる機会も自ずと増えていくはずです。
 とはいえ、多忙な日々の中実際には自走は難しいものです。お金・時間の余裕がない、続かない、など障壁は山積ですが、 日々努力を積み重ねることしか、本当に英語力を上げる方法はありません。

 レアジョブのオンライン英会話は低コストで時間・場所を問わずに毎日レッスンできて、会話力測定テストで効果の可視化ができるため、本当の英語力を獲得する有効な解決策と考えております。
 三井物産は2015年からレアジョブに出資しています。これは『コスト・時間・効果』に大変優れたレアジョブの英語研修が、 関西企業の皆様の英語力を確実に向上させ、関西の産業全体の強化にもつながると考えているので、レアジョブが広く導入されるようともに活動しております。

三井物産株式会社 常務執行役員 関西支社⾧ 北川慎介氏

三井物産株式会社常務執行役員関西支社長
慶応義塾大学経済学部卒業後、通商産業省入省
中小企業庁事業環境部財務課長、大臣官房秘書課長、資源エネルギー庁資源・燃料部長、大臣官房総括審議官、内閣官房内閣審議官、貿易経済協力局長等を経て、中小企業庁長官に就任(2013~2015年)、三井物産株式会社顧問(2015年)、常務執行役員関西支社長(2016年~)

企業が英語化・グローバル化を迫られる背景

現在、企業が事業を維持・拡大していくための変化として下記のように様々な背景があり、それに伴い社員の英語力強化の必要性が高まり、英語研修を導入する企業様は増え続けています。

開発・製造拠点の国際分業化
各拠点とのコミュニケーションが必須となり、国内社員に会話力が必要となります。
国をまたいだ商品開発が行われる企業では、技術者の英語でのやりとりも日常化しつつあります。
製造工場における外国人採用強化
外国人社員を採用し・研修するための意思疎通手段として工場現場社員にも英語が求められます。
海外事業部門の営業力強化
自社製品のアピールや交渉を行うために、ビジネス英語のレベルアップが求められます。
経営陣のグローバル化
M&Aなどで外資資本が入るなど、経営層が日本人でないケースも増えてきています。

関西企業の人事ご担当者様が抱える共通の課題感

英語研修の導入は実際してみたものの、従来型の通学型や講師派遣型の英語研修ではなかなか思うように
結果を出せていない…という企業のご担当者様は多く、下記のような課題感を持たれているようです。

  • “授業を業務都合で欠席する社員が多い‥”

  • “レベル・目的別のレッスン提供ができていない‥”

  • “複数拠点で公平に開催することが難しい‥”

  • “通学型のマンツーマンは金額が高い‥”

  • “受講回数が限られるため効果が出しにくい‥”

運営側となるご担当者様側は、英語研修を成功させたいものの
業務上さまざまなホンネを抱えていらっしゃいます。

  • あまり手間を
    かけたくない

    研修と他業務兼任の担当者Aさん
  • 積極的な英語研修の
    旗振りはちょっと‥

    研修と他業務兼任の担当者Aさん
  • 効果をアピールしたいが
    事前の設計がわからない

    英語研修の経験が無い担当者Aさん

やるからにはリソースをあまりかけずに結果を出して社内にアピールしたいが、そもそもの研修設計に関するノウハウがなくて困っている、という課題が共通しているようです。
このような企業様のお悩みを、1,200社を超える導入事例から培ったサービス英語研修設計に関するコンサルティング力を持つレアジョブが解決いたします。

オンライン英会話No.1「レアジョブ英会話」に関するお問合せ

詳しい資料のご請求はこちら

レアジョブ英会話に関するご質問・疑問にもお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

オンライン英会話レアジョブによる
英語研修ソリューション

レアジョブ英会話とはSkypeを使ったマンツーマン英会話を行う、業界No.1※の「オンライン英会話サービス」です。現在個人様向け、法人様向け、教育機関向けにサービスを提供しています。
導入企業数は1,200社を突破し、様々な企業・団体でレアジョブ英会話の導入が進んでいます。従来の通学型英会話スクールと違い、通信環境とPCやスマートフォンなどの端末があれば、いつでもどこでもマンツーマンでレッスン受講ができます。また、英語を話す力を測定するテスト(スピーキングテスト)を活用すると、不明瞭だった従業員様の英語力を可視化できます。
通学型英会話スクールと比較して圧倒的低コストで実施できることから、通学型英会話スクールをご利用中の企業様も、社内研修をレアジョブ英会話に切り替える事例が増加しています。
レアジョブの英会話研修を導入いただくことで、人事ご担当者様が抱いている課題を解決できます。

  • 担当者Aさんのお悩み「手間をかけたくない・・」

    オンラインでのレッスンなので、
    通学・講師派遣など物理的な運営管理が不要

  • 担当者Bさんのお悩み「積極的な英語研修の旗振りはちょっと・・」

    研修開始時にレアジョブスタッフによる
    受講者向け説明会を実施

  • 担当者Cさんのお悩み「効果をアピールしたいがうまい見せ方がわからない」

    受講状況やスピーキングテストの結果など、
    モニタリングツールで社内向けレポートを簡単作成

※MMD研究所「オンライン英会話の利用」に関する調査(2015.6.19)より

オンライン英会話No.1「レアジョブ英会話」に関するお問合せ

詳しい資料のご請求はこちら

レアジョブ英会話に関するご質問・疑問にもお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

オンライン英会話レアジョブ導入企業様のご紹介

レアジョブの英会話研修を導入いただいた、関西の大手企業様の導入事例を紹介いたします。

田辺三菱製薬

田辺三菱製薬株式会社
人事部育成・組織活性化グループ
加藤様

自由な受講スタイルが継続性高め定量的な学習効果を実感

以前は、社内で英語レッスンを開催していましたが、受講者が減少傾向や、開催事業所が限られるなどの課題もあり、時間や人数の制約のないレアジョブを導入しました。学習成果を測定するためにGTECを受験していますが、最近はスコアの上昇傾向が続いています。継続受講者が多いため、学習の蓄積がスコアの上昇に反映してきていると考えています。年々、法人へのサポート機能も充実してきましたので、担当者として助かっています。

導入企業様特別インタビュー
Vol.1 村田機械様(海外事業編)社外英語

caterpillar

導入企業様特別インタビュー
Vol.2 キャタピラー 今井様

電話会議で社員が自信をもって会話ができるように

当初はオンラインでの英会話研修導入に不安もありましたが、実務ではFace to Faceよりも電話会議でのコミュニケーションが多く、より実践に近い研修環境の提供が出来ています。社員が電話会議で臆することなく会話出来るようになったとの報告も受けています。
拠点が分散していたり、出張や業務で集合研修の参加が難しい場合でも、英語学習の機会を効率良く社員に提供出来ております。

caterpillar

導入企業様特別インタビュー
Vol.2 キャタピラー 今井様

レアジョブが関西の企業様に
ご提供できる4つのメリット

レアジョブは業界唯一の上場企業として、三井物産と資本・業務提携を行い、大阪支社スタッフが中心となり関西の企業様に英語研修の導入のご提案を差し上げています。
関西の企業様がお持ちの「社員の英会話力向上」「グローバル人材の育成」といった経営課題の解決に貢献してまいります。

1

業界唯一の上場企業
三井物産グループ

・導入企業は1,200社以上
・株式会社増進会出版社(Z会)とも業務提携

2

大阪支社スタッフによる対面での
導入前後のフォロー

・導入~研修開始後も定期的な打ち合わせで効果的な研修のPDCAサイクル

3

高品質・低価格の
ビジネス英会話コース

・目的・レベル別の教材が約3,000種類
・フィリピン大卒のビジネス専任講師

4

ネットがあればどこでも受講可能

・早朝6時~深夜1時まで開講
・PC・スマホで。オフィスや自宅でも
・複数拠点でも公平にレッスンができる

オンライン英会話No.1「レアジョブ英会話」に関するお問合せ

詳しい資料のご請求はこちら

レアジョブ英会話に関するご質問・疑問にもお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

ご導入までの流れ

お問い合わせから導入までに、最短2週間で利用開始可能です。

企業の研修ご担当者様の力になりたいと心から願っています。
一緒に関西のグローバル化を進めていきましょう。
少しでもご興味ございましたら、下記のお問合せフォーム、またはお電話でいつでもお気軽にご連絡をお待ちしております。

レアジョブ大阪支社

大阪市北区中之島2-3-33 大阪三井物産ビル

まずはお気軽にお問合せください

03-5778-4310
詳しい資料のご請求はこちら

レアジョブ英会話に関するご質問・疑問にもお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。