1. ロゴ

ミッション・ビジョン

日本人誰もが「望めば英語ができる」ことを、当たり前にします。

ビジョン: 5年後、10年後に達成していたい姿

日本人1,000万人を英語が話せるようにする。

日本人の約10%が、英語を学んでいる、もしくは、学びたいと
思っていると言われます。そのような方が日本にいたままで
英語が話せるようになるようなインフラでありたいと
考えています。

北欧など一部の国では、英語ができて当たり前という状況に
なりつつあります。日本人も、望めば英語ができて当たり前。
世界で活躍する日本人を増やすためには、まずこの「当たり前」が必要です。

Chances for everyone, everywhere.

地理的な要因によって能力が発揮できない人たちは、世界にたくさんいます。
例えば日本では、結婚や出産後、女性のキャリアの選択肢が狭くなりがちです。

フィリピンでは、トップの大学の卒業生の大半が、コールセンターでの夜間オペレータの仕事に就きます。
地理的な要因によって能力を発揮できないのは、その人自身にとっても、世界にとっても、もったいないことです。

レアジョブのオンライン英会話は、サービスのCtoCオークションと
とらえることも可能です。サービスのCtoCオークションは
まだ成功した例がありませんが、レアジョブの延長上にこれが
あるものと考えています。

レアジョブは、将来的に事業を英会話以外の分野に発展させ、日本で週5日8時間勤務の難しい女性や、途上国の優秀な人材
などが活躍する場をつくりだし才能と努力そのものが評価される社会をつくることに貢献します。

そしてこのビジョンこそが、「レアジョブ」という社名の由来です。

ミッション: 私たちがとりくんでいること

水道哲学

日本人は、英語を中・高・大学で何年間も勉強しています。
文法などの基礎力は十分に身につけています。それでも、
なかなかうまく英語を話せません。
これは、基礎力を活かす機会、つまりたくさん話す・聞く機会が
なかったためです。

もちろん、英語教材・英会話学校の多くは、質・効率がよいもの
です。しかし、たくさん話す・聞く機会という意味では厳しい
のが事実です。 独学を続けるには相当の根性が必要ですし、
英会話学校で量をカバーするためには多額のお金が必要です。

レアジョブは、水道哲学、すなわち、安価で良質なマンツーマンレッスンを大量に提供することがミッションです。
25分129円~という格安の値段で、楽しくてためになる英会話レッスンをより多くの人々に提供することで
日本に居ながらにして英語力を伸ばせる環境を築きます。

今よりも多くの日本人が英語ができるようになり、世界で活躍し、世界中の人々とたくさん交流できるようになることが
私たちの喜びです。英語が母国語でない人たちが、世界で活躍することをサポートし、それぞれの国の存在感を高めることを
手助けできればと考えています。