「英会話」は「水やり」と同じ?外資系IT企業社員のオンライン英会話活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「働きながら英語を勉強する。」 この必要性を感じているビジネスパーソンは、決して少なくないことでしょう。ただし、自由な時間が限られている中では、どうにも実現困難なハードルに見えてしまうことも確かです。そのハードル、オンライン英会話が低くしてくれるかもしれません。

今回、RareJob English Lab編集部がインタビューを行ったKさんは、某外資系IT企業で活躍されている元エンジニア。レアジョブが提供するオンライン英会話サービスを3年間利用しているKさんは、レアジョブ英会話のサービス利用開始をきっかけに、現職への転職を果たしたのだとか。

「英語学習は水やりと同じ、毎日続けてこそ意味がある」と語るKさんが、オンライン英会話を始めたきっかけ、そして継続のコツとは一体どんなところにあるのでしょうか?

「生き残るには英語が必要」エンジニアとして英語を学ぼうと思ったきっかけとは

rj_user_interview_keyboard

Q:Kさんがエンジニア時代に「英語を勉強しなくては」と思い至ったきっかけはなんでしたか?

前職は、日本を拠点とする会社であるにも関わらず、海外に支社を持ち、現地採用を行ったり、オフショア開発にも力を入れたりと、グローバル展開に意欲的な企業だったので、英語の必要性はひしひしと感じていました。

中でも、エンジニアとして今後のキャリアパスを考えた際に、「実際の開発だけでなく、何かしらのプラスαがないと生き残れない」と思い至ったのが本腰を入れて英語を学ぼうと思った大きな理由です。特に、インターネットの領域は海外が数歩先をリードしていて、日本がそれを数年遅れで追いかけているというのが周知の事実のように語られるようになって、「英語はやっていて間違いない」と思ったのがレアジョブ英会話に登録するきっかけでした。いま思えば、それが転職のきっかけにもなったと思います。

Q:「エンジニアにとって英語が必要な主な理由」については色々と異論があることとは思いますが、Kさんはどのようにお考えですか?

エンジニアに英語は必要か否かでいえば、確実に必要ですね。その理由としては、やはり技術職ですので「最新情報にキャッチアップするためには英語が必要」というのもあります。

ただし、日本人は技術力に限定するのであれば、海外にそれほど大きな遅れをとっているわけではないとも個人的には思います。それなのに、ただ単に英語ができないというだけで低く見積もられてしまうのは、もったいないことですよね。なので、「能力に対して公正な評価を得たい」と思ったら、やはり自分も英語を使えるようにならなくてはいけないと思います。

Q:「英語を話せることで掴めるチャンス」とは、具体的にはどのようなものを指すのでしょうか。

何と言ってもまずは、「待遇面でのチャンス」があります。つまり、英語ができるというだけで給料が上がる、ということですね。なぜかといえば、理由は単純で、「英語ができるエンジニア」は人材として常に需要があるけれど、供給がそれに追いついていないからです

3年間でTOEICスコアが倍以上!結果を残すオンライン英会話の利用方法

rj_user_interview_stairs

Q:エンジニアに関わらず、グローバル化の時代においては英語人材の需要は高まる一方でしょうね。ちなみに、レアジョブ英会話の利用を開始された時の英語力はどのくらいのものだったのでしょうか?

始めた頃はTOEIC400点を下回るほどの英語力でした。とくに「TOEICでスコアを稼げば給料が上がる」といったようなインセンティブがあるわけではないのですが、自分の英語は今どれくらいのレベルに達しているのか、客観的に把握するためにも年に一回はTOEICを受験しています。去年には820点台にまでたどり着くことができました。

Q:元々のスコアの倍以上ですね! ちなみに、3年前にはどのようなシーンを想定して英語が使えるようになりたいと思っていましたか?

前職時代、英語を使うのはメール文程度で、対人コミュニケーションの場面では英語を使った経験がなく、海外から来社した人との会話についていけないという悔しさがありました。そのためにも、もっと日常会話ができるようにならなくてはいけないと思いましたね。

Q:「リアルな英会話力」の必要性に迫られたということですね。

その通りです。とはいえ、勘のいい人であれば、なんとなくこちらの言おうとしていることを察してくれるので、その場では意思の疎通はできているように見せかけることはできました。でも、本当に伝えられる英語を自分が話せているか、客観的に検討できる機会がなかったんです。

そこでまずは文法からやっておかないとダメだな……と思うようになって、 レアジョブ英会話に登録してからは、レアジョブが提供しているTOEIC用の教材を利用したり、英語記事を読んで講師とディスカッションをする「Daily News Article」というレッスンを始めました。

Q:TOEIC対策のフォローアップとしてレアジョブ英会話を利用されているのでしょうか?

TOEICの受験1,2か月前には試験対策をしていますが、それ以外の時には主に「Daily News Article」を受講しています。日によっては、TechCrunchなどから記事を選んで講師とディスカッションをすることもあります。

TechCrunchを教材として選んでいるのは、やはり自分が技術畑の人間だから、という理由があるのですが、できるだけ幅広い話題に対応できるようになりたいので、それ以外のテーマの文章も読むようにしています。

年360日以上のヘビーユーザー。オンライン英会話だからこそ続けられる理由とは

rj_user_interview_365exercise

Q:それではKさんがどのようにレアジョブ英会話を活用しているのかについて具体的に伺っていこうと思うのですが、週の利用回数はどれくらいでしょうか?

毎日ですね。1年365日を通じて、360日は多分やっていると思います。レッスンの時間帯は、朝の8時から9時ですね。働いている以上、朝の時間が一番自由に使えるので、その時間帯にレッスンを受けることを生活に組み込んでいますね。

Q:最初から、毎日利用しようと思っていたのですか?

そうですね。習慣化すること自体が始める目標で、毎日やらないと意味がないぐらいに思っていました。やはり英語はやった分だけ伸びるものだと思いますし、途中で辞めてしまっては、せっかく身につけた英語力であっても落ちてしまうのではないかと思います。

Q:ものすごくストイックに英語学習に打ち込まれているな、という印象を受けます。

特にストイックというわけでもないと思いますよ。オンライン英会話は「場所と時間を選ばない」ということが最大のメリットです。なので、働きながらでも続けられるし、無理も生じません。それに、決まった場所に通う必要もないし、準備の手間もない。

自分は通勤電車の中で単語アプリなどを併用することもありますが、オンライン英会話もまた空いた時間を活用できるので、自分の生活スタイルの邪魔にならずに気に入っています。なので、続けているうちに苦でなくなるし、当然のことになってくる。今では英会話はもはや「水やり」と同じで、日課になっていると思います。

英語環境に飛び込んで身についたグローバルマインド

rj_user_interview_talk_global

Q:オンライン英会話を続ける中で、業務面でのブレイクスルーはありましたか?

業務面というよりも、やはり現職に転職できたことが一番大きいですね。今は社内コミュニケーションも英語ですし、上司も外国人なので。この環境に飛び込んだことで、今後のキャリアを設計する上での自信がついたと思います。

Q:「飛び込む」とおっしゃいましたが、現職の職場に戸惑うことはありませんでしたか?

入社一日目にアメリカの本社に出向いてチームメンバーと顔合わせすることになって、いきなり英語を使わざるをえない状況に放り込まれたので、戸惑いの類は全て吹き飛びました(笑) 今振り返ると、自分なりのグローバルマインドが芽生えた瞬間だったと思いますね。

Q:転職してすぐにグローバルマインドを獲得できた、と。

グローバルマインドの定義については様々な異論があると思いますが、自分に限って言えば、日々の業務フローからしてすでにグローバルな環境になっていることは確かです。なので、意識的に身につけるものというよりは、環境によって自ずと得られるものなのかもしれません。

毎朝11時には世界中に散らばっている上司、同僚とチャットで「昨日どうだった?」「今日はこういうことやるよ」というような振り返りをしています。深い話になってくると、スクリーン共有をしてコードを見るなど、「IT×グローバル」がもはや当たり前の職場なんです。

Q:そんなグローバルなビジネス環境の中で、レアジョブ英会話のレッスンが役にたったと実感するのはどんなシーンですか?

そりゃあもう、たくさんありますよ。ただ、ピンポイントな場面以上に、英語に怖じ気付かなくなったことが成果としては一番大きいですね。発言を求められても、いろんな単語を駆使して、それを説明すれば通じる、というベーススキルの部分が培われたと思います。

いかにTOEICの勉強をしていても、「対人コミュニケーションの強さ」という部分は伸びないと思います。そこを磨くためにも、今後もレアジョブ英会話を続けていくつもりですね。

本日はありがとうございました!

編集後記

英語学習を習慣化できているビジネスパーソンは、傍目には、ストイックな行動力と、決断力に富む、「特別な優等生」に見えてしまうかもしれません。

しかし、自ら「特にストイックなほうではない」と語るKさんにとって、その後のチャンスを作り出したのは3年前の小さな一歩だったのです。 そして、肩肘張らずに続けられるオンライン英会話という「日課」と出会ったことによって、Kさんのキャリアは次なる道へと通じることができたのですね。

皆さんも、まずはマイペースで続けられる勉強方法を探してみてください。何と言っても、英語の勉強は楽しいですからね!

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら