最短距離で目標にたどり着くために、効果的な英語学習法をお悩み別にまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
theories

せっかく英語を学ぶなら、最短距離で目標の自分に近づけるよう効果的に勉強できるのが一番ですよね。とはいえ、ちゃんと時間を確保して、モチベーションを維持し、ゴールに一直線!なんて順調にはいかないことも多いですよね…。

というわけで今回は、より効果的に英語学習を進めるために役立つ記事を、よくあるお悩み別に厳選してご紹介します。

大人だから今から始めても遅い?

「第二言語の習得に年齢の壁がある」…そんな言葉を聞いたことはありませんか?たしかに子どもの頃のように、自然と英語を吸収することは難しいかもしれませんが、”大人は子どもよりも総合的知能が優れているため早く学習することができる”という研究結果も存在するのです。記事ではそんな大人にぴったりの英語学習法と、その裏にある学習理論について紹介しています!


語学習得に“手遅れ”は存在しない!
「言語習得論」に学ぶ、大人のための4つの英語勉強法



イラストで解説!
これから英語を学ぶ大人のための4つの学習理論


とにかく覚えるのが苦手

英語学習を進めていくと、「あれ、英語でなんて言ったっけ?」となってしまうことも多いのではないでしょうか。自分は暗記が苦手だから…と諦めてしまうのはまだ早い!私たちの記憶のメカニズムに注目して効果的なトレーニングを行えば、その”苦手”を補うことは十分に可能なのです。さっそく記憶の仕組みにもとづいた学習法をチェックしてみましょう!


「あれ、英語でなんて言ったっけ?」を減らすためには「想起力」を鍛えよう



失敗体験が少ないひとは伸びない?
英語学習に「エピソード記憶」を活かす3つの方法


忙しくて時間がない

仕事に家事に忙しいなか勉強の時間を確保するのは簡単ではありません。しかし、朝の時間を有効活用する、予定前15分行動をするなど、ちょっとした工夫で1日5分でもこつこつ積み重ねていけば大きな時間になります!限られた時間をいかにやりくりして成果を出すか、さっそく記事に紹介されているテクニックを取り入れてみてはいかがでしょうか?


「時間がない」は解決できる!
社会人のための“脳に効く”英語学習術



【劣後順位】英語学習では、やることではなく「やらないこと」をリスト化すべき3つの理由

モチベーションが保てない

英語学習において最大の難関の1つは、学習を始めた頃のモチベーションを保つこと。挫折せずに学習をつづけるためには、目標を細分化する、進捗を記録する、「フロー状態」に入るなど、心理学にもとづいたアプローチが効果的です。記事ではモチベーションを保って英語学習を続けるために、今すぐ実践できる学習アプローチやテクニックを紹介しています。


英語学習に挫折しないためには?
たった1割の成功者になるための心理学。



英語学習が三日坊主になりかけた時に巻き返す方法


レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英会話は自動車の運転と同じ実技科目。 週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになりますか?
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら