「今日の運勢は?」海外でも人気の星座占いを英語で占おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではニュース番組や雑誌には、必ずと言っていいほど組み込まれている掲載されている星座占い。占いが気になるという人は、頻繁に自分の運勢や他人との相性などを調べているのではないでしょうか。海外では西洋占星術はポピュラーなので、ふとした会話の中に星座の話が出ることもあるかもしれません。あるいは、夜空を見上げているときに「あの星座は?」といった会話になることも。そこで今回は、星座にまつわる英語表現をまとめてみました。

おうし座や蟹座は英語でなんていう?

まずは基本的な星座の英語表現を見ていきましょう。12星座をひとまとめにした英語表現はZodiac Signsと言います。Zodiacは、12星座がある黄道帯を指しています。「黄道帯にあるサイン」=12星座ということですね。

12星座の英語表現一覧

各12星座を英語で言い表すと以下のようになります。

Aries(牡羊座 3/21~4/19)
Taurus(牡牛座 4/20〜5/20)
Gemini(双子座 5/21〜6/21)
Cancer(蟹座 6/22〜7/22)
Leo(獅子座 7/23〜8/22)
Virgo(乙女座 8/23〜9/22)
Libra(天秤座 9/23〜10/23)
Scorpio(蠍座 10/24〜11/22)
Sagittarius(射手座 11/23〜12/21)
Capricorn(山羊座 12/22〜1/19)
Aquarius(水瓶座 1/20〜2/18)
Pisces(魚座 2/19〜3/20)

表記はラテン語ですが、読み方は英語の読み方になります。

あなたの星座は?星座に関する基本フレーズ

次に星座にまつわる話題のときに使えそうな、基本的なフレーズを見ていきましょう。

自分の星座を紹介するときに使える表現

自分の星座を紹介するときに使える英語表現はとても簡単。

My zodiac sign is Aries.
I’m an Aries.

(私は牡羊座です)

「私は〇〇座です」と答えるとき、星座の前に不定冠詞の「a・an」を付け忘れないように注意しましょう。「a・an」を付け忘れると、「私はアリーズです」とまるで自分の名前を紹介しているかのようになってしまいます。不定冠詞の「a・an」を付けることで、特定の個人名ではなく、星座名のひとつとして認識されます。

相手の星座を聞きたいときに使える表現

相手の星座を聞きたいときには、次のようなフレーズで尋ねてみましょう。

What’s your zodiac sign?
What’s your sign?

(あなたの星座は?)

星座占いで使える英語フレーズ

続いて、星座占いに関して使えるフレーズをチェックしていきましょう。

まず、星座占いのことは英語でHoroscopesと言い、占星術のことはAstrologyと表現します。なぜでしょう?

星座占いと占星術の英語表現が異なることからもわかるように、このふたつには違いがあります。

星座占いとは、個人が生まれたときの太陽星座のみを参考にして占うもので、一般的には12星座別で運勢を占うものです。日本の雑誌などで一般的によく触れる星占いがこれにあたります。

占星術は、個人の生まれた瞬間の星の位置から、その人の本質を占うため、よりパーソナルな結果が出ることが多いです。海外ではこの占星術がポピュラーであるため、Astrologyという単語の方を多く見かけるかもしれません。

相性を伝え合うときに使える表現

例えば、星座占いを誰かと見ていて、お互いの星座の相性が良いとわかったとしましょう。そんなときに使える、相性が良いことを表すフレーズには次のようなものがあります。

Leo and Aquarius get along well together.
Leo and Aquarius are compatible.

(しし座と水瓶座は相性が良い)

「get along well together」は、気が合うというニュアンスを持っている表現。「be compatible」は、共通点が多く意見が一致するというニュアンスを含んでいます。どちらも同性・異性に関係なく使えるフレーズです。

「今日の運勢よかった!」占い結果をシェアしたいとき

また、星座占いの結果を誰かに話すときに使える英語表現はこのように表現します。

The news I watched this morning said that my horoscope today was lucky!
(今朝のニュースでは、私は今日ラッキーみたい!)

「It said that〜」というフレーズは「A がBと言っている」「AにBと書いてある」という内容を表現したいときに使います。Itで表す主語をさまざまに変えることで、幅広い表現が可能です。

運がいいことを表すときは、そのままluckyを、反対に運が悪いことを表すときはunluckyを使用します。

まとめ 

いかがでしたか。日本同様に星占いは海外でも人気があるので、話題にあげてみると会話が盛り上がるかもしれません。また、日本の星占いとは違った占い方が主流とされるので、アメリカに行くきっかけがあれば、一度占ってみてもらうのも面白いですね。意外な結果をきけるかもしれませんよ。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら