「トイレに行きたい」を表す英語表現と世界トイレ事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行で外国のトイレに入り、「紙がない!」とあせったことはないでしょうか。世界にはさまざまなトイレがあり、公衆トイレもウォッシュレットが当たり前のようになってきた日本から行くと、ビックリしてしまうことがあります。ここでは、トイレを使うときに役立つ英語表現と、世界のユニークなトイレ事情をご紹介します。

toiletを使わないトイレ表現

「トイレ」は英語でtoiletですが、日本語でも人前であまり「トイレに行く」と口にしないように、英語にもさまざまな婉曲表現があります。

▼「トイレ」を表す英語

bathroom
主にアメリカで使用。風呂+トイレの部屋だけでなく、トイレだけでもbathroomと言います。

lavatory
飛行機のトイレのサインがこれになっています。「洗面所」「化粧室」といったような意味合い。

powder room
女性用の「化粧室」ということ。

loo
イギリスの口語的な言い方。「便所」という意味合い。発音は「ルー」。
その他、以下のような表現もよく使われます。

bathroom
rest room
ladies’ room / men’s room
washroom

普段「トイレはどこですか?」と聞くには、Where is the bathroom? でかまいません。上に挙げた中では、rest roomやladies’ room / men’s roomも一般的です。

▼「トイレに行きたい」と言うには?

I’d like to go to the bathroom.
(トイレに行きたいんです)
I’ll powder my nose.
(お化粧を直してきます)
女性が使う表現。powder my noseのそのままの意味は「鼻におしろいをふる」ですが、これで「化粧を直す=トイレに行く」という意味になります。

Nature is calling.
(自然が呼んでいる=トイレに行きたい)
自然には逆らえない、トイレに行かないと、といったような言い方。やや気取った感じに聞こえることもあります。

海外のトイレを使うときの必須知識

日本語の「ウォッシュレット」は商品名。英語ではelectric toilet seat、shower toiletのように言うと通じるかもしれませんが、海外では一般的ではなく、遭遇する機会はほとんどないでしょう。それよりも、外国でトイレに行くときは、次のようなことに注意してください。

▼紙がない!

東南アジアやインド、中東で見かけるタイプ。トイレの中に水道と小さいバケツがあり、用を足したあとは、自分の手を使って水で洗います。慣れない外国人は自分で紙を用意して入り、使用後はゴミ箱に捨てることになります。

▼紙を流してはいけない!

紙があっても、Please do not flush paper down the toilet.(紙を便器に流さないでください)という張り紙があったりします。flushは「トイレを流す」という動詞。中国や台湾、ロシアなどで見かけるもので、紙が詰まってしまうからというのが理由のようです。使った紙はゴミ箱へ!

▼小銭が必要!

入口のところにトイレの管理人が座っていて、小銭を払って使うシステムになっていることがあります。これは世界各地で見られます。ヨーロッパの国々では、街中の公衆トイレのドアがコインを入れると開くシステムになっていることがあり、旅行中は小銭が必携です!

空港やホテルなど外国人が多いところでは、どこの国でも便器に紙を流すタイプの無料洋式トイレが備わっているようですが、トイレ事情も貴重な海外異文化体験の一つ。How can I use it?(どのように使えばいいんですか)と尋ね、ぜひlocal toilet(現地のトイレ)を経験してみてください。

参考:『英語で比べる「世界の常識」』(講談社バイリンガル・ブックス)

こちらの記事も人気です



メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら