「英語を話す」ために「英文法」は不要なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語の話せない日本人」。この言葉を聞いたことのない人はいないはずです。中学高校の6年間。また、大学卒業者はその後の4年間を合わせて、合計10年間も英語を勉強してきました。しかし、たくさんの人が「英語を話す」ことに苦労しているのが現状です。

多くの場合、「英語の話せない日本人」の原因は日本の学校教育にあるとされます。中でも、日本の中学・高校で教えられる「英文法」が「英語を話す」上での障害になっているかのような話も耳にすることがあります。英語を話すために英文法は必要なのか不要なのか?

今回はその真相を探ってみたいと思います。
                               

グローバル化が進む中で軽視されてきている「英文法」

最近ではずいぶんと状況が変わってきましたが、一昔前までの中学・高校での英語の授業といえば「英文法」の学習時間がその大半を占めていました。また、高校・大学への入試問題でも「英文法」問題が多く出題され、学生たちはその対策に追われていました。書店などの大学受験対策コーナーには超マニアック的な英文法書や問題集が陳列されていました。
 
そして時代の変遷とともにグローバル化が進み、実用的な英語技能の必要性が高まり、日本の英語教育全体がコミュニケーション重視に変わってきています。同時に、「英文法」が多く扱われていた高校の授業や大学入試も見直されてきました。また、ほとんどの大学入試問題においては、「英文法」問題が独立して出題されることがなくなってきました。(長文問題の一部として出題される傾向にあります)
 
このような風潮の中、日本の英語教育界では、実践的英語力が重要視され始め、「英文法より英会話」、または「とにかく話そう」といったような声が高まってきています。極端なケースでは、「英語を話す」上で「英文法」はマイナスになるかのような考え方もあるようです。この考え方には疑念を抱かざるを得ません。

「インプット学習→アウトプット学習」という原則

「英文法」だけを熱心に学習しても英語を話せないことは事実です。実際に、30代、40代の方を中心に、文法を中心とした英語の授業を学生時代に受けてきたにもかかわらず、「英語を話す」に苦労している方も多くいるようです。しかし、だからといって「英文法」を不要だと考えるのは極端すぎます。

英語を話せるようになるためには、「インプット学習→アウトプット学習」という流れを理解しておくことが大変重要です。母国語である日本語でもそうですが、「インプット」したもの(頭の中に記憶しているもの)以上のことを「アウトプット」することはできません。「英文法を学ぶ」というのはまさにこの「インプット」の部分なのです。このインプットこそがアウトプットの基盤になるのです。
 
「英文法を学んだのに英語が話せない」という方の多くは、原則である「インプット学習→アウトプット学習」の中の「インプット学習」の部分しか行っていないので話すことに苦労しているのであって、これから先に「アウトプット学習」を集中的に行えば飛躍的に「英語が話せる」に近づけるはずです。言い換えれば、「学んだ英文法」を「使える英文法」に変えるトレーニングをしていくのです。

「使える英文法」には実践あるのみ

具体的な「アウトプット学習」の方法は、頭の中だけの空想で行うのではなく、「実際に行うこと」が大切です。つまり、「学んだ英文法」を実際に声に出してみることが欠かせないのです。

「アウトプット」の学習は机に向かってするのではなく、自宅や通勤中の自動車内などの声を出せる環境で、実際に声を出して行うことが肝心です。

また、なかなか時間の取れない方などにはオンライン英会話をおすすめします。オンライン英会話でインプットされた英文法を実際に使ってみることで英語を話す喜びを感じることもできるはずです。ぜひ、試していただければと思います。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら