ぜったい失敗しない「英語学習書」の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習を効率的に行うためには、正しい学習書選びは欠かせません。

中高生なら「教科書」という最高の学習書を学校から支給されるわけですが、社会人の方は自分で学習書を選ばなければなりません。また、書店の英語学習書コーナーには多種多様の学習書が並べられ、特に英語学習を始められたばかりの方には、どのような本を選んでいいかわからなくなってしまいます。

今回は私がおすすめする、間違いのない英語学習書の選び方について紹介いたします。

英語学習書は「タイトル」でなく「著者」で決める

最近の英語学習ブームはかつてない盛り上がりを見せています。当然のことながら、出版業界もこの流れを見逃すことはありません。書店の英語学習書コーナーには次から次へと新刊本が並べられています。実際に書店に足を運び、自分に合った一冊を選びたいところですが、あまりにも多くの書籍がありすぎて、どれから手にしていいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

英語学習者としてまず避けたい失敗は、「タイトル」を基準にして学習書を選んでしまうことです。英語学習書に限らず、商品のネーミングは売り上げに大きく関わっています。出版社のほうでも、そのネーミング作成にはかなりの時間と労力を注いでいるはずです。ですが、あまりきちんと比較検討もせずに、「わずか○○するだけで△△できるように・・・」といった魅力的なタイトルだけをみて判断するのは絶対に避けるべきです。

学習書選びに迷った時に私が試してみる方法があります。「著者」を基準にして選ぶ方法です。例えば、自分の使っている文法書の解説などがとても分かりやすいと感じたとします。つぎに単語集を購入しようと考えた時には、その文法書の「著者」が作った単語集を使ってみるということです。著者が同じであれば、文法書であっても単語集であっても、コンセプトや解説法に大きなブレはありません。必然的に自分に合った一冊になる可能性が高くなるわけです。

自分の選んだ一冊をとことん使いこなす

英語学習においてスランプに陥ってしまったとき、やってしまいがちな失敗は「新しい学習書」を使い始めるというものです。自分の使っている学習書がスランプの原因ではないのに、新たな学習書を手にしてしまうということが往々にしてあるようです。こうすることにより、新たな学習書を初めからスタートしなければならなくなります。

英語学習に限らず、どのような学習においても、「一冊の学習書を完璧」にすることが実力向上の上で欠かせません。この点で、新たな学習書を用いた学習は完全に「一冊の問題集を完璧」にというテーマと相反しています。

自分の英語学習がうまく結果に表れない場合、新しいことに手を出してしまいがちですが、そんな時こそ、じっくりと「自分の選んだ一冊」を信じて、その一冊をとことん使いこなすべきだと思います。

迷った場合は「ベストセラー」を手にしてみる

これから長く付き合っていく学習書なのですから迷ってしまうのも当然です。書店では実際に手にしてみて、じっくり時間をかけて選んでみるべきです。それでもどの一冊にするべきか迷ってしまう時があるでしょう。そのような場合の私のお勧めは「ベストセラー」を選んでみることです。

英文法書であれば「一億人の英文法(東進ブックス)」、TOEIC対策であれば「出る単特急 金のフレーズ(朝日新聞出版)」、大学入試シリーズなら「英文解釈教室(研究社)」など英語学習書業界にはベストセラーと呼ばれる学習書がいくつかあります。やはり、長い間、多くの人に愛されている書籍はそれなりの理由があります。迷った場合は、これらのベストセラー書を実際に書店で手にしてみてください。

~ さいごに ~
「音読」を通してTOEICスコアを向上させることを狙いとした、拙著『「音読」で攻略TOEIC L&Rテスト でる文80』(かんき出版)が2017年12月11日発売されました。どうぞよろしくお願いします。

mrnishidai_book_review

『「音読」で攻略TOEIC L&Rテスト でる文80』

・著者:西田 大
・発売日:2017/12/11
・出版社:かんき出版

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら