a coffee や the Michael がOKな場合も?基本的な冠詞の使い方をクイズでチェックしてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a cup of coffee and tea

a や an、the といった冠詞の使い方は、誰もが学校で習ったかと思います。日本語に存在しないからこそ、「ここは a と the のどっちをつけるの!?」と、今でも悩んでしまうことが多いのではないでしょうか。冠詞のつけ方は、実は学校で習うよりも自由自在。基本的な考え方と、その応用の仕方をご紹介します。

a / theどちらの冠詞を使う?

冠詞の選び方は、状況によってだいぶ異なります。まず次の(  )の中に、a / the のどちらの冠詞が入るか考えてみましょう。

(1)レストランで注文

A:I’ll get (  ) coffee.
(私、コーヒーでいいよ)
B:I see, I’ll have (  ) tea.
(わかった。私は紅茶にする)
Excuse me. Can we have (  ) coffee and (  ) tea, please?

(2)共通の知り合いに会った

A:Do you know Michael Bates? I met him yesterday.
(Michael Batesを知ってる?昨日彼に会ったの)
B:(  ) Michael Bates? He’s my ex-boyfriend!

(3)仕事の面接に失敗して

A: I failed a job interview.
(インタビューに落ちちゃった)
B: Hey, you’ll have (  ) second chance.

答えは、例えば以下のようになります。

(1)Excuse me. Can we have a coffee and a tea, please?
(すみません、コーヒー1つと紅茶1つお願いします)

(2)The Michael Bates? He’s my ex-boyfriend!
(あのマイケル・ベイツ? 私の元彼よ!)

(3)Hey, you’ll have a second chance.
(ねえ、またチャンスがあるよ)

a / theを使い分ける基本的なコツ

「coffeeは”数えられない名詞”なのに、aをつけていいの?」「人の名前にtheがつけられる?!」と疑問を感じた人がいるかもしれません。使い分けについては、次のような考え方が元になっています。

(1)「コーヒー1杯」は a coffee でOK

「coffeeは数えられない名詞なので、some coffeeまたはa cup of coffeeのようにする」と習ったことがあるかもしれませんが、実際の会話では、a coffee(コーヒー1杯)、two coffees(コーヒー2杯)のように言ってかまいません。a tea、two teasも可能です。「複数存在する中のどれか一つ(でも、特定のものは指していない)」に、a/anを使います。

(2)知っているものに the をつける

the は「あの」「その」と、話している人同士が知っている人/物につける冠詞なので、the Michael Bates(あのMichael Bates)という言い方が可能になります。世の中にHanyu(羽生)という名前の人はたくさんいると思いますが、the Hanyu(あの羽生)といえば、皆さんもう、フィギュアスケーターのYuzuru Hanyu(羽生結弦)のことだとわかりますよね。

(3)first や secondの前も a が使える

「first、secondといった序数の前には the をつける」と習ったかもしれませんが、まだどんな second chance(次の機会)があるかわからないときは、「あの」「その」を表すtheは使えません。「とある一つの次の機会」といった意味を表す、a second chance を使うことになります。

ちなみに「1杯」「2杯」と数える必要がないときは、I like coffee.(私はコーヒーが好きです)のように冠詞なしで使うことができます。今度から身の回りの英文を見たときに、こんなふうにチェックしてみてはどうでしょうか。

a/anがついている:とあるひとつの人/物(でも、どれのことかは決まっていない)
theがついている:どの人/物を指しているか、わかっている
単数で冠詞がないか、someがついている:一般論で、数を意識していない

冠詞のつけ方は、話し手/書き手の意識で決まります。ネイティブの使い方を確認しているうちに、次第に冠詞を使い分けるためのセンスが養われていきますよ!

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら