5%成績がアップのデータも!?オンライン時代の学習法・反転授業(Flipped Classroom)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FlippedClassroom_01_eyecatch

「反転授業」という耳慣れない言葉が近年の教育業界のトレンドキーワードの1つとなっています。反転授業とは1990年代に米国で生まれた学習法で、英語では「Flipped Classroom」と呼ばれています。日本でも2011年頃より小・中・高校、塾、予備校などで実践されてきました。インターネットが広く普及し、オンラインで学習ができる環境が整った時代だからこそのオンライン時代の新たな学習法です。

今回は学習効果が高いと評判になっている「反転授業」について、詳しくご紹介します。

反転授業は順序が逆!オンラインで予習、授業は実践の場

FlippedClassroom_02
通常の授業では講師が講義をし、復習の宿題を生徒に課すのが一般的です。みなさんの中にも学校で勉強して、復習や宿題を自宅で、という順番で勉強した方が多いはずです。

反転授業ではこの順序が逆になります。生徒は授業前にオンラインで配信される講義動画を視聴し、教室では事前に講義動画で学んだ知識を用いて問題を解いたり、議論で考察を深めたりするのです。

5%成績アップの報告も

米国のノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究では、基礎薬学のクラスで2011年から2013年の3年間「反転授業」を実施したところ、およそ5.1%も生徒の成績が伸びたといいます。

3年にわたる研究では、1年目に参考文献、教科書での予習を生徒に課し通常の授業を実施、翌年には、通常の予習に加えて、生徒にオンライン配信の講義動画を事前に見てもらうようにしました。当日行われる授業では、予習内容の理解度を確認するだけでなく、予習の知識で解くことができる問題を与えて学生同士で議論をさせました。さらに研究の最後の年には、授業前に動画の視聴に加えて、実践的な臨床研究を行うよう指示し、当日の授業では臨床研究について議論させました。

2011年から2012年で成績が2.5%上昇し、2012年から2013年で成績が2.6%上昇、2011年から2013年の3年間の間で5.1%も成績が上昇したというのです。

データはあくまでも限られた対象の結果ですので、5%アップが過大評価だという声もあります。しかし、予習で理解し、授業では理解を深めて議論を行うという反転学習が学習効果にいい影響を与えるという点は広く認められているところのようです。

受動的な学習から能動的な学習へ 反転授業のメリット

FlippedClassroom_03
反転授業の最大のメリットは、予習で得た知識を用いて、能動的に学習に取り組めることです。授業で始めて情報に触れる従来の学習法では、「先生に何を教えてもらえるのだろう?」という受動的な態度が当たり前です。しかし、反転授業では、自分ですでに予習してきた事柄を、授業でどう応用するかが問われます。また、わからない点があれば質問ができるのもメリットです。どんな課題や問題でも同じですが、何がわからないかがわからないと質問すらできません。自発的に質問ができることは、理解を深める上で大きな意味があるのです。

予習で基礎的な知識を身につけているので、授業の場では2人組での議論など協働する時間を十分に確保できることも大きなメリットです。生徒は他人との議論を通して解答を見つけていくプロセスを学ぶことができます。

反転授業は生徒がしっかりとした予習をしていてこそ効果があります。予習ができていなければ授業についていくことすらままなりません。そういう意味では、学習意欲の差、取り組みの差がそのまま成績に反映されるという問題点が指摘されています。とはいえ、横並び、詰め込み式の教育の改善が叫ばれている中で、反転授業は今後も普及が進む有効な教育方法だと言えます。

反転学習のやり方をオンライン英会話に当てはめてみると?

FlippedClassroom_04
こうした反転授業のメソッドは、レアジョブをはじめとするオンライン英会話にも応用することができます。

反転学習は、授業前の予習に重きが置かれているところが特徴です。生徒は予習で基礎的な知識を身に着け、授業ではそうした知識を利用して応用問題を解いていきます。オンライン英会話サービスを利用する際も、事前学習、予習が重要なのは言うまでもありません。授業前に単語や文法などの基礎的な知識は予習でしっかりと身につけておけば、より能動的な態度で授業を楽しむことができます。

講師との会話、外国人の友達、外国人が集まる場所でコミュニケーションをとるなど、方法や場所は何でもいいのですが、実践の場、理解を深める場を持つことが、オンライン英会話の授業、学習にいい影響を与えてくれるのは間違いないでしょう。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら