海外旅行で思いがけない出会いが?!簡単なフレーズで外国人とお話ししてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読了目安:4分

外国の街にいると、意外に気軽に話しかけてくる人がいます。公園ですれ違った人、レストランで席が隣合わせになった人などから、

It’s a good day, isn’t it?(今日はいい天気だね)
Your hat is nice!(すてきな帽子ね!)

なんて、声をかけられた経験はありませんか?そんなとき、
Yes, it is.(ええ、そうですね)
Thank you!(ありがとう!)
などと、とっさに返事ができるようになるといいですね。観光地であれば、同じツーリスト同士一緒にお茶を飲んだり、メールアドレスを交換したりということもあるかもしれません。今回は、旅先で会った人と気軽にスマートに会話する方法をお教えします。

最初のきっかけになるセリフは?

海外旅行に出ると、同じように観光している人たちを見て、「地元の人かな、外国からの旅行者かな?」「あの人、さっきの博物館にもいた!」なんていうことがあるのではないでしょうか。それは相手にとっても同じこと。気になってこんなふうに話しかけてくるかもしれません。

It’s a great church!
(すばらしい教会だね!)
Oh, you were at the museum!
(ああ、君たちあの博物館にいたね!)

たいていは、こういった何気ないひとことから始まります。急に相手のことをあれこれ尋ねたりすることはありません。フレンドリーにやりとりできそうだということがわかると、初めてこんなふうに聞いてきます。

Where are you from?
(どこから来たの?)
Is this your first time here?
(ここは初めて?)

答えは、
We’re from Japan.(日本から来ました)
Yes, the first time.(ええ、初めてです)/No, the second time.(いいえ、2回目です)
のようになりますが、相手に聞かれる前に、自分からこう言ってもいいかもしれません。

We’re from Japan. Where are you from?
(私たち、日本から来ました。あなたは?)

例えば地元の人であればI live in this city.(私はこの町に住んでるんです)のように答えてくるし、同じように海外からの旅行者であれば、I’m from Canada.(カナダから来てるんです)のように教えてくれるでしょう。

まずは自分のことを話せるようになろう

ここからさらに話をはずませるには、自分の旅の話をしてあげるといいかもしれません。例えば、こんな感じです。

We visited Rome and tomorrow we’ll leave for Milan.
(ローマに行ってきて、明日はミラノに発つんです。)

St Peter’s Cathedral was amazing. Have you been there?
(サン・ピエトロ大聖堂は素晴らしかった。行ってみましたか?)

せっかく外国に来ているのですから、
This is a beautiful country.(ここはきれいな国ですね)
The people are so nice.(人々が感じいいです)
など、その国についての印象も言えるようになっておきたいもの。地元の人だったら喜んでくれるでしょうし、同じ旅行者だったら、相手の感想が聞けるはずです。

なんだか気が合うなと思えたら、日本で何をしているか、話してみてもいいでしょう。

I work for an electronics company.
(電気製品の会社に勤めているんです)
This is my once a year vacation.
(これは年に一度の休みなんです)

細かいことを説明する必要はなく、漠然とした話をしつつ、相手との共通の話題を探すようにするところがポイントです。
What kind of job do you have?(どんな仕事をしているの?)
Do you travel a lot?(よく旅行するの?)
といったように、自分から話を振ってみてもいいでしょう。

お誘いの時は?

旅行中は自由な時間が豊富にありますから、一緒に観光する約束をしたり、夜飲みに行ったりということもあるかもしれません。誘うときの言い方には、このようなものがあります。

Do you have a plan tonight?
(今晩何か予定ある?)
We’ll go for a drink. Why don’t you join us?
(飲みに行くんだ。一緒に来ない?)

OKであれば
Sounds great!(いいね!)
Why not?(ぜひ)
のような答え方があります。
興味がないときは
We have plans tonight.(今晩は予定があるんです)
といって断ってしまいましょう。

もちろん、どんな相手も安全というわけではないので、あくまでもほかに大勢の人がいるところ、ホテルへの帰り方がすぐにわかるようなところで会うのが前提です。相手に言われるまま黙ってついていくというのも避けるべき。一方で、上手にコミュニケーションを取ることができれば、旅先で思いがけず友達ができたり、恋愛に発展したりということがあるかもしれません。

帰国後も連絡が取りたいということであれば、こんなふうに確認してみましょう。

Can I contact you through Facebook?
(Facebookで連絡取れる?)
Can I have your e-mail address?
(メールアドレス教えてくれる?)

一緒に写真を撮ったのであれば、I’ll send you photos.(写真送ります)と言ってあげるといいですね。

簡単な表現で気軽に会話を楽しめるようになれば、きっと旅先でのステキな思い出ができるはずです!

▼関連記事はこちら▼
外国のお店に入るときの正しいマナーとは
外国のレストランでウェイターとスムーズに会話するコツ

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。