洋画や海外ドラマで“英語漬け”になろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洋画や海外ドラマで“英語漬け”になろう!

「ネイティブの会話スピードに慣れる」「英語らしい表現を身につけて会話上手になる」ためには、やはり洋画や海外ドラマを教材にするのが一番です。「もっと気軽に!洋画や海外ドラマの“生きた英語フレーズ”をモノにする方法」という記事では、使えそうなセリフをメモしたり応用したりするアイディアに絞ってご紹介しました。
今回は、実際にどのようにして洋画や海外ドラマを日常生活に取り入れ、活用していくか、具体的な方法をシェアさせていただきたいと思います。

1.まずは洋画のレンタルDVDから始めてみよう

「洋画や海外ドラマで英語の勉強をしよう!」と決めた11年前、私は洋画のレンタルDVDから始めました。洋画はたいてい2~3時間で完結するのでとっつきやすく、様々なジャンルを「広く浅く」楽しめるので、最初の一歩としてはぴったりです。
また、レンタルDVDだと「返却期限」があるため、それが締め切り代わりになって集中して取り組めるというメリットもあります。ラインナップも豊富で最新作もそろっているので、まずはお気に入りの一本から始めてみましょう。

洋画を何本か観て慣れてきたら、ぜひ海外ドラマにもチャレンジしてみてください。洋画に比べると膨大な分量ですが、「狭く深く」「じっくり」楽しめます。何年分も観ていると登場人物たちへの思い入れも強くなりますし、話し方の特徴にも慣れてきます。作品の世界観にどっぷり浸って、“海外生活を疑似体験”してみましょう。

2.スキマ時間を有効活用したい人におすすめのHulu

ある程度慣れてきたら、月額1,007円(税込)で国内外の映画・ドラマが見放題のサービスHuluが断然おすすめです。レンタルショップに比べると最新作などの品ぞろえはかなり劣りますが、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、さまざまなデバイスでいつでも自由に楽しめるのが大きな魅力。自宅ではパソコンでゆっくり観て、通勤時間やちょっとした空き時間にはスマホ+イヤホンで…という使い方ができるので、スキマ時間を有効活用できます。
Hulu

私は現在、小さい子供の育児に追われているため、平日はまずパソコンを開く時間がありません。そのため、「夜子供が寝た後」や「昼間外出中に子供がベビーカーで寝たとき」「洗い物をしている間」といった、まさに細切れのスキマ時間を活用してちょこちょこ観ています。
はじめはスマホで観ていたのですが、あまりに頻繁に利用するので、思い切ってiPad miniを購入しました。以前に比べると、スマホやiPadアプリでも英語字幕つきで観られる作品が増えたので、本当に便利になりました。
週末家族でゆっくり映画を楽しむときは、ノートパソコンをテレビにつなぎ、大きな画面で楽しんでいます。
Huluは2週間の無料お試し期間がありますので、気になる方はぜひ登録してみましょう(2週間以内に解約すれば費用は発生しません)。
「お気に入りの作品が英語字幕つきであるかどうか」「使い心地はどうか」ぜひ試してみてくださいね。

3.具体的な手順

洋画や海外ドラマを観る際の、おすすめの手順は次の通りです。作品一本まるごとではなく、お気に入りのワンシーンだけでも構いません。

<初心者の方>
1.まずは「日本語音声+英語字幕」または「英語音声+日本語字幕」で観て内容をつかむ。
2.「英語音声+英語字幕」で観て気になるセリフを一時停止し、英辞郎などの辞書で調べてメモ。
3.できれば「英語音声+字幕なし」で再度チャレンジ。

<中上級者の方>
1.「英語音声+字幕なし」で観る。
2.「英語音声+英語字幕」で分からなかったところを確認。適宜調べてメモ。
3.できれば「英語音声+字幕なし」で仕上げ。

<字幕なしでもストーリーが追えて、定番の言い回しが聞き取れるようになってきたら…>
 「英語音声+字幕なし」か「英語音声+英語字幕」で大量に観る。
(多少分からない単語があっても内容が分かればOK)

本当は、同じ作品を完璧に理解できるようになるまでくり返し観るのが、英語学習的にはいいのかもしれません。しかし私は、すでに内容が分かっているものを何度も観るのは苦痛ですし、早く続きを観たい・できるだけたくさんの作品を観たいタイプです。
定番の会話フレーズは、複数の作品やエピソードでくり返し出てきますので、「100%理解」しようとして多大な時間や労力をかけなくても、「それなりに(あるいは何となく)理解」しながらガンガン観ていけば、英語の語感が自然と身につくものです。
子供は母国語を身につけるとき、周りの大人たちが話しているのをひたすら見聞きして「こういうときはこう言うんだ」というデータベースを作り、話せるようになっていきます。英語習得を加速するためには文法や単語の勉強ももちろん大切ですが、一方で「英語をありのまま、シチュエーションと結びつけてインプットする」時間も増やしていきましょう。「文法的には正しいけど不自然な(硬すぎる)英語」から脱却できるはずです。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する