大成建設株式会社 – 法人向け英語研修サービス | オンライン英会話No.1 レアジョブ英会話

close ×

導入ご検討企業様専用窓口(平日10:00~18:00)

 03-5778-4310

導入事例:大成建設株式会社

大成建設株式会社

継続して勉強できる形のものがないかと探していました

Profile
北詰高太郎/Kotaro Kitazum
大成建設株式会社 管理本部人事部 人材いきいき推進室課長代理
2003年大成建設に入社。2008年に半年、トルコイスタンブールに研修制度で渡航。同年人事部に。

オフィスビル、レジャー施設、空港など、さまざまな建造物の設計・施工を行うほか、都市開発、不動産など幅広い事業を展開する大成建設。 国内のみならず国外でも、数々の大規模な建設工事を手掛けてきた同社は、海外事業展開のさらなる強化を見据え、社内のグローバル人材の育成にも励んでいるという。 もちろん英語力の強化も必須課題で、レアジョブ英会話の利用を法人として2010年より開始。

法人としてのレアジョブ英会話の導入に踏み切った理由は何ですか?

2010年に、雑誌の記事でレアジョブ英会話のことを知りました。現地在住のフィリピン人が講師で、スカイプを使った英会話のレッスンが受けられるサービスだと紹介されていたんです。 当社も海外事業を展開しているため、海外で仕事をすることになれば当然、英語でのコミュニケーションが必要となってきますから、社員の英語力を高めるための最適な学習ツールを探していました。 その1つとして「レアジョブ英会話が良いのでは?」と考え、導入を決めました。

レアジョブ英会話が英語学習のツールとしては初めてだったのですか?

いえ、それ以前は、大手の英会話スクールに通う形の「英語研修」は既に導入していました。ですが個々の業務でみな忙しいので、通うとなるとなかなか続かない。 そこで継続して勉強できる形のものがないかと探していた時期でした。

忙しくても自分のスキマ時間で利用できる、そして値段もとてもリーゾナブルであるということで、弊社のニーズにがっちり合っていたので、導入も割とスムーズに進んでいきました。

現在は自己啓発の一環として導入していて、会社のイントラネット等でレアジョブ英会話サービスを告知しています。また毎年、新入社員が入社する時期には希望者を募って利用を積極的に促すようにしています。 現在の利用者は若手社員が中心で、徐々にではありますが増加傾向にあり、社内で英語学習の輪は確実に広がっていると思います。

レアジョブ英会話効果はありましたか?

ありますね。たとえばTOEIC試験のスコアを見ても、入社時は500点ぐらいだったのが数ヶ月で650点まで伸びている新入社員もいました。 やはり、毎日英語に触れ、話す機会が得られると、英語に対する抵抗感が一気になくなるんですよね。 それがTOEICのスコアアップにもつながり、さらにやる気が上がるようです。

また、レアジョブ英会話を利用している社員の中には週1回集まって、先生は誰がオススメとか、どんなレッスンをしているかといった情報交換をしている社員もいるようです。

仕事で実際に使われる英語を、レアジョブ英会話のレッスン中に講師に見てもらうようなことはありますか?

ええ、チェックしてもらうことはたまにありますよ。たとえば、研修の打ち合わせをするときに外国人の講師が入ってくることがあれば、その打ち合わせが全部英語になることもあるんです。 あまり流暢ではなくても、やはりポイントだと思っている点はしっかり伝えたいので、事前に箇条書きにしたものを、レアジョブ英会話のレッスンで先生に添削してもらうことがあります。 やさしい先生ばかりなので、根気よく付き合ってくれるので助かっています。

まずはお気軽にお問い合わせください

導入ご検討企業様専用窓口(平日10:00~18:00)

 03-5778-4310

特典配布中お問い合わせ/資料請求

ページトップへ