パーソルテクノロジースタッフ株式会社 – 法人向け英語研修サービス | オンライン英会話No.1 レアジョブ英会話

close ×

導入ご検討企業様専用窓口(平日10:00~18:00)

 03-5778-4310

導入事例:パーソルテクノロジースタッフ株式会社

パーソルテクノロジースタッフ株式会社

今求められるのは、英語力の高いエンジニア エンジニア派遣のパーソルテクノロジースタッフ社が市場ニーズに応える為に採用した解決策とは?

ポイント
常時500件ほどの「英語がマスト」のプロジェクトがあり、英語力の高い人材を求める市場ニーズ
業務で英語を活用できるレベルまで向上させる必要があったため、スマートメソッド®コースを導入
卒業生はレベル5→8にランクアップし、卒業生自身が英会話力アップを強く実感

貴社の事業内容と、お持ちだった英語に対する課題を教えてください。

大久保様:当社はエンジニアの派遣事業を行っています。お客様は、大手メーカーやIT企業が中心で、参画するプロジェクトは、年間約2万件にのぼります。そんな当社において、私や小野寺の役割はエンジニアの育成・採用・プロジェクトへの配属など。多種多様なお客様のニーズに合わせて、最適なエンジニアを提案しています。

小野寺様:エンジニアは常にトレンドを把握することが重要です。ITに関わる最新の製品やテクノロジーの多くは、米国など海外から日本に浸透していくケースが多く、英語で書かれているドキュメントを読み解く力がエンジニアには必要になります。なおかつ、当社にも常時500件ほどの「英語がマスト」のプロジェクトがあるなど、英語力の高い人材を求める声の高まりを感じていました。

大久保様:プロジェクトのうち、お客様が「できれば、英語ができるエンジニアをアサインしてほしい」とおっしゃるものは2割にのぼります。これは決して少なくない割合です。こうした市場ニーズに合わせて、当社では外国人エンジニアの採用にも力を入れています。

日本にいる外国人エンジニアを採用するのに加えて、海外に求人を出してskype等で面接したり、直接現地に出向いたりするほど注力していて、現在は全国で150人ほどの外国籍社員を雇用しています。外国人エンジニアは英語に堪能で、それゆえ最新の技術をどんどん取り入れていることから、本当に優秀です。プロジェクトにおける英語の必要性が増すなかで、必要とされるエンジニアになるには、エンジニアとしてのスキルをさらに磨くだけでなく、高い英語力を身に付けなくてはいけません。

英語力が高ければ、そのエンジニアの市場価値は上がり、参画できるプロジェクトの規模も当然大きくなります。それが、お客様からいただく金額にも反映されるような世界です。市場ニーズに応える・エンジニアの市場価値を上げる・当社のビジネスを加速するという3つの理由から、エンジニアの英語力向上は必須でした。

英語力向上のプログラムとして、「スマートメソッド®コース」を採用された決め手を教えてください。

小野寺様:これまでも、レアジョブのオンライン英会話は活用していました。オンライン英会話はコストも安いので英語スキル習得を希望する初級レベルの社員を中級レベルに引き上げる事をメインに活用しています。ただ今後は、上記課題を解決するために、(市場ニーズに応える為に)中級レベルの社員を業務で英語を活用できるレベルまで向上させるためのプログラムが必要と判断しました。そのため、確実に英語力を鍛えられるサービスを導入しなければと思っていました。

大久保様:当初は通学形式のサービスも検討しました。しかし、エンジニアはそれぞれのお客様先に常駐しているため、勤務地も業務の忙しさもプロジェクトによってばらばらです。そのため、場所や時間を選ばず、自宅や出張先からでも受講できるオンライン形式の方が、受講者が継続しやすいのではないかと思い、「スマートメソッド®コース」の導入を決めました。ちなみに、正直なところ「スマートメソッド®コース」の「成果保証」に関しては、最初はピンときていませんでした。けれど国際的な規格に基づいて、わざわざ英会話力を「成果保証」するということは、プログラムへの自信の裏返しだろうとは思っていました。

小野寺様:4ヵ月間という受講期間もちょうどよかったです。1〜2ヵ月での集中受講でも力は付きそうですが、確かな英語力の定着と受講者の学習習慣化のためには、長い期間伴走いただいた方がいいと思っていました。「スマートメソッド®コース」の1日1~1.5時間×4ヵ月という期間設定は、業務と同時並行できる現実的なラインで、とてもよかったです。プログラムの内容やサポート体制も、オンラインとは思えないほどしっかりしていたので、「このプログラムをやり遂げた受講者はかなり力が付くのでは」と期待が持てました。

「スマートメソッド®コース」の受講者は、複数人から応募があったため、今の業務における英語の必要性・今後のキャリアにおける英語の必要性・学習意欲・計画能力などを総合的に見て、受講者を選びました。

受講者様の反応や効果など、「スマートメソッド®コース」を導入してみての感想はいかがですか。

小野寺様:先月、受講した1名が無事卒業したのですが「講師の方のレベルが高く、日本人コンサルタントの方がマンツーマンで伴走してくれるので、サポート体制も整っていて非常に満足度が高かった」と話していました。レベルもなんと3ランクアップしており(※1)、「自分の英会話力がこの4ヵ月で大きく上がったことを実感している」と本人が言い切っているのが、何よりの成果ではないでしょうか。

(※1)
【受講前】定例会議での発表など、慣れたシーン・使う用語が限られている状況なら受け答えができる「社内アシスタント・新卒入社レベル」(レアジョブスピーキングレベル5)
【受講後】経営方針やビジョン等を、立場が異なる社員たちに納得させ行動させるためのコミュニケーションを英語でとれる「部門統括レベル」(レアジョブスピーキングレベル8)

大久保様:今後、受講者が実務でどれだけ英語を活用できるかがプログラム受講の最終成果になると思います。今回受講した者は大手メーカー系SIerでインフラエンジニアとして活躍しているのですが、「さらに任される業務領域を増やしたい」と話していました。本人のキャリアにも良い影響が与えられたかなと感じていますし、私たちとしても、彼が業務の中でより英語を活用できるよう、プロジェクトの調整などのサポートをしていきたいです。

導入前はテストなどで測る英語のレベルの向上と、実務で英語を活用できることに相関関係がどれほどあるものだろうかと不安もありました。けれど、レアジョブの担当者の方には、「受講者が更なるレベルアップのために何をすべきか」を毎回丁寧にフィードバックいただくなど、常に提案を重ねていただいたので、すごく満足しています。

小野寺様:「スマートメソッド®コース」は、4ヵ月間コンサルタントの方が受講者に伴走してくれます。また、毎日の受講状況や定期的に実施するテストの結果も私たちが閲覧できる管理画面から確認できます。ふつう、英語研修を提供する私たち事務局側は、受講者のモチベーションを喚起したり、やり切るためのフォローをすることも仕事の一部ですが、それにはなかなか工数が掛かるものです。けれど、「スマートメソッド®コース」はプロがフォローしてくれるので安心して任せることができ、まったく管理の手間が掛からなかったので、事務局側にとっては助かりました。

今後、社員の英語教育に関してどのような展開を考えていますか?

大久保様:「スマートメソッド®コース」の受講希望者を募った際に、多くの社員が手を挙げてくれました。ハイレベルな英語学習プログラムへの受講意欲を持つ社員がこれほどいるとは知らなかったので、驚きましたね。今回は都合上1名だけの選抜でしたが、来年度はさらに英語研修を強化したいので、「スマートメソッド®コース」の受講者数ももう少し増やしたいです。

小野寺様:「スマートメソッド®コース」はしっかりと取り組めば確かな成果が出るプログラムだと思います。その分、やり遂げる意志や家族の支えなども必要でしょう。だからこそ、受講希望者にはしっかりと、本人の意志や家庭環境などを含めて4ヵ月間プログラムを継続受講できるのかを確認したうえで、受講をサポートしていきたいと思います。

スマートメソッド®コースの詳細はこちら

スマートメソッド®コース

Profile
パーソルテクノロジースタッフ株式会社 https://persol-tech-s.co.jp/
私たちパーソルテクノロジースタッフは、テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)のエンジニア派遣部門が2017年1月に統合し、誕生しました。人材サービス会社として雇用に対する責任をしっかりと果たすとともに、「人と組織の成長」を支援し、「エンジニアがエンジニアであることを誇りに思う世の中」に向けて邁進してまいります。

まずはお気軽にお問い合わせください

導入ご検討企業様専用窓口(平日10:00~18:00)

 03-5778-4310

特典配布中お問い合わせ/資料請求

ページトップへ