LINE株式会社 – 法人向け英語研修サービス | オンライン英会話No.1 レアジョブ英会話

close ×

導入ご検討企業様専用窓口(平日10:00~18:00)

 03-5778-4310

導入事例:LINE株式会社

LINE株式会社

レアジョブで受講率アップ!
朝や夜の時間帯を利用して英語に触れる機会を増やす

Profile
LINE株式会社 https://linecorp.com/
世界中で利用されているコミュニケーションアプリ「LINE」および、LINEプラットフォーム上で展開する様々なコンテンツ・サービス(ゲーム、マンガ、音楽、決済など)の運営。このほか、キュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」、総合ポータルサイト「livedoor」などを提供しています。
執行役員 HR担当
落合 紀貴様

レアジョブ英会話を導入する前に、英語に関してどのような課題がありましたか?

LINEは、日本だけでなく、近年タイや台湾、インドネシアなどの海外でも多くのユーザーに利用されています。様々な国・地域で事業を展開していくにあたって、各国の現地スタッフとコミュニケーションをとるために英語が必要となってきました。

また、LINEのサービスをより良いものにしていくためにも、世界的なトレンドの最前線を知っておく必要があります。特にエンジニアはシリコンバレーなどの海外の情報をいち早く取り入れることが重要であり、その上でも英語力が有無やそのレベルによって大きな差が出てくると感じていました。

英語研修としてレアジョブ英会話を採用した理由を教えてください。

最初は通学型の英会話スクールでレッスンを受けられるようにしたのですが、実際のところ仕事の都合で通学し続けることが難しい社員もいました。そういった社員にも対応できるように、Skypeでオンライン英会話ができるレアジョブを導入しました。

レアジョブであれば毎日レッスンを受講することも可能なので、英語初級者から中級者を対象に、英語に触れる機会を増やすという目的もありました。

レアジョブを導入してからの状況や、習慣化するための工夫があれば教えてください。

特に朝や深夜に受講したいという要望があったので、レアジョブを導入したことで受講率も増加し、より多くの社員の英語力アップのサポートができるようになりました。

ただ、レアジョブは講師数が多いため、自分に合った講師選びをするのが難しいという声もありました。そこでレアジョブの方に「講師の選び方」に関する説明会をしてもらったり、利用している社員同士で経験をシェアしてもらったりしています。

また、社員のモチベーション維持のために、受講率が低い社員には研修担当者から呼びかけをするようにしています。しかし、当社としては受講してもらうことが目的ではなく、海外スタッフとコミュニケーションをとれるようになることが目的です。英語が必要だと思っている社員が、自発的にレアジョブを利用して英語力をアップさせているケースが多いです。

導入して半年が経過しましたが、どのような効果がでてきましたか?

まったく英語が話せなかった社員が、グローバルのワークショップで30分の英語スピーチをしたり、英語でコミュニケーションをとれるようになったりしています。また、VERSANTの点数が半年で平均3.6点アップするなど、目に見える成果も出てきています。

当社では「英語ができないと取り残される」という危機感を持っている社員も多く、企業側が英語研修を提供することがそこに勤める社員や会社の成長につながると思っています。今後も、特に海外と関わる社員に関しては、英語で議論をしたり、意見を述べたりできるようになってほしいと思います。

まずはお気軽にお問い合わせください

導入ご検討企業様専用窓口(平日10:00~18:00)

 03-5778-4310

特典配布中お問い合わせ/資料請求

ページトップへ