料金プラン 





レアジョブ英会話の料金プラン

会員登録数20万人突破! 英会話に高いお金を払う時代は終わりました。
オンライン英会話業界No.1※1
レアジョブ英会話はコストパフォーマンスも圧倒的です!

始めやすく続けやすい! 4つの料金プラン

レアジョブ英会話の料金プランはすべて定額制です。どれだけレッスンを受講しても追加料金は一切発生しません。あなたの学習ペースや目的にあわせて、4つのプランの中から1つ選びましょう。

  • 人気No.1     毎日話せる ダントツ人気!

    毎日25分プラン

    月額 5,800円(税抜)

    25分×毎日1レッスン

    1レッスンあたり187円※2

  • 週1〜2回なら回数制!

    月8回プラン

    月額 4,200円(税抜)

    25分×毎月8レッスン

    未受講分が翌月に繰り越せる※3

  • 朝と夜に分けて受講も可能!

    毎日50分プラン

    月額 9,700円(税抜)

    25分×毎日2レッスン

    1レッスンあたり156円※2

  • 短期間で集中的に取り組みたい方へ

    毎日100分プラン

    月額 16,000円(税抜)

    25分×毎日4レッスン

    1レッスンあたり129円※2

お支払い方法

クレジットカードまたは銀行振込からお選びいただけます。

まずは2回の無料体験レッスンへGO!

安心して楽しめる「レアジョブ英会話」5つのポイント

Point1
時間も、場所も、あなた次第!

朝でも夜でも

朝でも夜でも

平日も土日も早朝6時〜深夜1時
までレッスン受講可能

5分前予約可

思い立った時に

レッスン開始
5分前まで予約可能

どこでも受講可能

自宅・旅行先・外出中どこでも

パソコン・スマホ・タブレット端末で、
どこでも受講できます。

Point2
バラエティに富んだ
3,000人超の講師陣

講師陣

「フィリピンの東大」
フィリピン大学の出身者を中心に採用
独自の厳しい採用基準をクリアした講師です!
質量ともに他社の追随を許さない圧倒的な水準。

Point3
約700レッスン分の
無料テキスト

体験レッスン・会話教材・
文法教材・TOEIC教材など
無料で使える教材がいっぱい!

テキストサンプル

Point4
日本人による
安心のサポート

迷ったらいつでも相談!
平日深夜も土日も、皆様からの
お問い合わせに対応、だから安心。

安心のサポート

Point5
他にはない「英語学習が楽しく続く仕組み」がたくさん!

    レアジョブ
英会話
G社 L社 D社
機能 レッスンリクエスト あり あり あり あり
レッスンレポート あり あり なし あり
講師並べ替え あり あり なし あり
レッスンメモ あり なし あり あり
twitter連携 あり なし あり なし
Googleカレンダー連携 あり なし あり なし
リスニング音声配信 あり なし なし なし
レッスン 回数制プラン あり なし なし なし
予約可能時間 5分前 10分前 15分前 15分前
キャンセル時間 30分前 30分前 60分前 60分前
教材 英会話 あり あり あり あり
文法 あり なし なし あり
TOEIC あり あり なし なし
TOEFL あり なし なし なし
ニュース記事(毎日更新) あり なし なし なし
フレーズ集 あり なし なし あり

レアジョブ英会話調べ 2014年3月

まずは2回の無料体験レッスンへGO!

*1 日本人向けにサービスを展開している、 スカイプを用いたオンライン英会話サービスのウェブサイトにて、提供レッスン数・講師数を確認し、
  業界No.1と判断致しました。提供レッスン数や予約状況を公表していないサービスは除外しております。
*2 1日の予約上限×31日間予約を行った場合 なお、1レッスン当たり129円〜となるのは毎日100分プランにお申込みの方が対象
*3 未消化のレッスンを最大12回まで繰り越し、月に最大20回までご利用が可能です。


お問い合わせ

Skypeでのお問い合わせ
Skypeサポート受付時間 (安心の"日本語対応" )
平祝日 18:00 - 25:00 / 土日 9:00-12:00,18:00 - 25:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
よくある質問 Q&A
よくある質問

25分129円〜のマンツーマン英会話

レアジョブ英会話について
初めての方へ
お客様の声
レッスン風景
体験レッスンを楽しむ
入会ご検討中の方へ
講師について
教材について
料金プラン
レッスンまでの流れ
ソーシャルメディア
プライバシーマーク

Chances for everyone, everywhere